ギターショップアウラ ギターカタログサイト

清水 優一 Yuichi Shimizu



SOLD OUT
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:表板:セラックニス /横裏板:セラックニス
糸 巻:スローン
弦 高:1弦  2.7 mm/6弦  3.6 mm

〔製作家情報〕                               
1980年東京都府中市生まれ。16歳の時に茶位幸信のギター製作教室に参加し、その後氏が校長を務めるフェルナンデスギター・エンジニアスクールに入学。 在学中に河野ギター製作所の桜井正毅に手紙を書き、これがきっかけとなり2000年に同製作所に入社、製作技法を学ぶと共にギターと音楽についての見識を深めていきました。 2013年の退社後すぐにその探究心の赴くままスペイン各地を廻り、ホセ・ルイス・ロマニリョス、マヌエル・カセレス、アントニオ・マリン・モンテロ、イグナシオ・フレタら名工たちの工房を訪れます。そして帰国後は禰寝孝次郎、尾野薫からのアドバイスや指導を受けながら、満を持して自身のラベルによる製作を開始。様々なジャンルの音楽と文化に対する知的好奇心、そして常に広く柔軟な視野を持ちながら、スペインギターの真髄に迫ろうとするその真摯な姿勢は一貫しており、彼の楽器はもはや端倪すべからざる高みに達していると言えます。現在は年間5本前後のペースで製作。 そのクラシカルで透徹した響きとじっくりと綿密に造り込まれた美しい仕上がりとで、こだわりを持つユーザーから高い評価を得ています。彼が河野ギター製作所時代に製作した作品をレゲエミュージック界の巨匠アール・チナ・スミスが長年愛用していることが国内のギターマガジン誌上で大きく取り上げられ、新たなファン層を拡大していることは記憶に新しい。2020年にはフランスCamino Verde社出版のOrfeo Magazine No.15 にインタビュー記事が掲載され、国内外での評価もさらに高まりを見せている若手の一人です。

オルフェオマガジン「日本の製作家」特集掲載号 オンラインショップ商品ページはこちら

オルフェオ取材同行記 栗山大輔、清水優一、禰寝碧海編はこちら

〔楽器情報〕
清水優一 製作ハウザー1世モデル 2022年新作が入荷致しました。
ここ数年における彼のギターは、その入荷ごとにその時点での到達点を如実に示すと同時に、レプリカモデルとしての極めて高度な達成がなされたもので、どれも実に素晴らしい仕上がりになっています。今回入荷したハウザーモデルもまたオリジナルのエッセンスをしっかりと見極めつつ、そこに日本人である彼の音響嗜好をさりげなく加味した、構築美と洒脱さが同居したなんとも素敵な一本に仕上がっています。

内部構造はヘルマン・ハウザー1世1937年製のセゴビアモデルに準拠して、サウンドホール上側(ネック側)に2本、下側(ブリッジ側)に2本のハーモニックバーを配し、サウンドホールの高音側と低音側にはそれぞれ一枚ずつの幅2センチほどの補強板が上述のハーモニックバーどうしをつなぐように貼り付けられています。くびれより下のボディ下部は左右対称の7本の繊細な扇状力木にボトム部でそれら7本の先端を受け止めるようにハの字型に設置された2本のクロージングバー、そしてブリッジ位置にちょうど駒板の大きさに沿うように貼られたプレート板という全体の表面板構造。また表板と横板との接合部にはペオネス(三角形型の木製のブロック)が間隔をあけて設置されています(通常スパニッシュギターでは密接して設置される)。レゾナンスはF#の僅かに下に設定。

やや低めに設定されたレゾナンスゆえのどっしりとした重心感覚に支えられた全体のクリアな音響が心地よく、ハウザーらしい粘りのある発音や、高音~中低音~低音のそれぞれが互いにポリフォニックに響きあう独特の立体感はやはり素晴らしい。箱がふくよかに鳴っている感覚で、透徹としていながらも全体にwarmな雰囲気。今回の作では塗装が飴色のセラック仕上げとなっており、これがVintage風の味わいを外観の雰囲気に付加しています。そして全体の美しい仕上げと造作の精緻さはロマニリョスモデルと同様に大変に高度で、工芸品としてのクオリティもまた特筆したいモデルとなっています。


製作風景写真は、こちら





〔商品情報〕
楽器名清水 優一 Yuichi Shimizu
カテゴリ国産クラシック 新作
品番/モデル70号 ハウザー1世モデル No.20
弦 長635mm
日本 Japan
製作年2022年
表 板松単板 Spruce
裏 板ローズウッド単板 Indian Rosewood
程 度※10
定 価770,000 円
販売価格(税込)693,000 円
付属品ケース別売


下の写真をクリックすると拡大して表示します