ギターショップアウラ ギターカタログサイト

寺町 誠  Makoto Teramachi



ネック:マホガニー
指 板:エボニー
塗 装:表面板:セラック、横裏:カシュー
糸 巻:スローン
弦 高:1弦3.3mm/6弦4.1mm

〔製作家情報〕
1960年岐阜県生まれ。岐阜県内の工業高校を卒業後に三菱化学に入社。三重県四日市工場及び茨城県鹿島工場にて10年間勤務した後、物作りを目指し退社。5年間色々な職人・職業を転々とした後、ギター製作を志し長野県の茶位幸秀手工品ギター工房に34歳にて弟子入り。約3年間の修業を経て独立、地元岐阜にて工房を開く。日本弦楽器製作者協会会員。(製作家ホームページより)

細部の造作まで神経の行き届いた堅実な造りのギターで、ダブルトップ仕様やレイズドフィンガーボードなどの現代的な要素も柔軟に取り込み、弾き易さや音量、音響バランス等の点でも常に高いアベレージを維持したそのモデルラインナップは確実にユーザー層を拡げています。

〔楽器情報〕
寺町誠 製作 MT-1 Tonality 2005年製中古の入荷です。このブランドのモデルラインナップではエントリーに位置づけられますが、全体の造作の完成度や内部構造における力木配置の工夫などから、製作家の矜持を十分に感じさせる一本となっています。

サウンドホール上下に1本ずつのハーモニックバー、その2本の間を横板のカーブに沿うようにしてホール左右に1本ずつ配置された短い力木、表面板下部はサウンドホールのほぼ真下の位置からは高音側のボトムに向かって斜めに傾斜した1本のバー、そして7本の扇状力木とその先端をボトム部で受け止める2本のハの字型に配置されたクロージングバー、駒板位置にはほぼ横幅いっぱいに1本のバーが扇状力木と交差するように配され、さらにこのバーとサウンドホールとのちょうど中間位置にもやや短めに加工されたバーがやはり扇状力木と交差して配置されています。レゾナンスはGの少し上に設定されています。しっかりと芯のある単音で、全体の響きには適度なふくよかさがあり、明るめの落ち着いた音色。モデル名の通り音響のバランスも良くその意味でもとても弾き易い楽器となってます。

しっかりと弾き込まれており、表面板全体に浅い細かな弾き傷がございますが、横裏板は比較的傷は少なくきれいな状態を維持しています。割れ等の大きな修理履歴はありません。ネックはほんの若干の順反りで適切な設定の範囲内、フレットやや摩耗していますがこちらも演奏性には影響のないレベルです。ネックはDシェイプタイプでやや厚めの加工ですがグリップ感の良い形状、弦の張りも中庸で押さえ易く感じます。糸巻きはスローン製を装着。





〔商品情報〕
楽器名寺町 誠  Makoto Teramachi
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルMT-1 Tonality No.342
弦 長650mm
日本
製作年2005年
表 板松単板 Spruce
裏 板ローズウッド単板 Indian rosewood
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)275,000 円
付属品ミラクルケース


下の写真をクリックすると拡大して表示します