ギターショップアウラ ギターカタログサイト

中出 敏彦 Toshihiko Nakade



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:カシュー
糸 巻:ヘフナー
弦 高:1弦 2.3mm/6弦 2.6mm

〔製作家情報〕
1932年東京生まれ。ジャパンヴィンテージの筆頭格として河野賢と共に名の挙がる中出阪蔵(1906~1993)の次男。父の教えのもと16歳よりヴァイオリンとギターの製作を開始し、5年後にはギター製作に専心するようになります。1960年には自身の独立した工房を開設し、オリジナルラベルでの製作を開始。その後1968年にはスペインに渡り、マドリッドの製作家エルナンデス・イ・アグアドの工房に入門。この名工からの影響が決定的となり、自身のその後の製作哲学を明確に方向づけられることとなります。外観的な意匠や楽器構造、音色的な特徴においてその影響は如実に表れており、そこに氏独自の個性を注ぎ込んだ楽器はその勇壮な鳴りと豊かな表情とで人気を博します。

80歳を越えた後も製作は衰えず、中級者用のすぐれたミドルクラスから、国内製作家としては最高値となる250万を越えるハイスペックモデルまで、一貫して細かな部分まで手の行き届いた高品質を維持して出荷を続けてきた、そのブランドとしての気位の高さはやはり敬服に値するものでしょう。邦人製作家の最長老として、近年は限定的ながらも製作を続けていましたが、豊富なストックを誇っていた木材を昨年全て使い終わったところで製作を引退。スペイン的なニュアンスを感じさせる国内ブランドの代表格としての地位を揺るぎないもにしてきた氏のギターは、近年は父阪蔵氏と並び、海外でも人気の高まっているアイテムとなっています。同じギター製作家(現在は引退)の中出輝明氏は兄、中出幸雄氏は弟、また中出六太郎氏は叔父になります。

〔楽器情報〕
中出敏彦氏製作のモデル No.2000SS 1975年製Used入荷致しました。
スペイン渡航からの帰国後の作で、モデル設定は父である中出阪蔵のカタログに則ったもので、発売当時ミドルクラスに位置するモデルとして人気を博しました。敏彦氏が直接教えを受けたエルナンデス・イ・アグアドの影響を色濃く受けており、特に力木配置において顕著。サウンドホール上下一本ずつのハーモニックバーとサウンドホール真下のところから高音側横板に向かって斜めに設置されたトレブルバー、7本の扇状力木にボトム部のハの字型2本のクロージングバー、駒板位置にはパッチ板が貼られています。レゾナンスはG#~Aに設定されています。

ここでは敏彦氏の音響エッセンスが既に完成されており、芯が強くやや丸みを帯びた音像。奥行きのある響きの中にBassとしてのどっしりとした低音と歌う高音との対比が現れ、表情は渋いながらも十分に変化に富み、彼なりに咀嚼したスパニッシュサウンドをしっかりと体現しています。

全体に若干の弾き傷打痕等あり、ブリッジ下3弦位置には弦飛びあとがあります。その他表面板は下部高音側に10センチ程の割れ、ボトム部に2か所数センチの割れ補修履歴あります。横裏板は衣服の摩擦跡等ありますが比較的綺麗な状態。ネックはほぼ真直ぐを維持しており、フレットも適正値。糸巻はヘフナー製を装着。ヘッドプレートはアグアドデザインではなく彫刻をあしらったこのブランドとしては珍しいもの。



〔商品情報〕
楽器名中出 敏彦 Toshihiko Nakade
カテゴリ国産クラシック オールド
品番/モデルNo2000SS
弦 長656mm
日本
製作年1975年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※6
定 価時価
販売価格(税込)187,000 円
付属品ハードケース黒


下の写真をクリックすると拡大して表示します


廣瀬 達彦 Tatsuhiko Hirose
小森 廣 Hiroshi Komori
野辺 正二 Masaji Nobe
中出 敏彦 Toshihiko Nakade
野辺 正二 Masaji Nobe
中出 敏彦  Toshihiko Nakade
廣瀬 達彦 Tatsuhiko Hirose

※程度
10新作
9新品同様の美品
8年代から見て状態が良い
7年代から見て標準に近い状態
6状態は少し劣るが演奏性は良い
5状態は劣るが演奏上の問題は無い
4以下演奏性に問題がある楽器は、販売いたしません