ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ソブリーノス・デ・ドミンゴ・エステソ Sobrinos de Domingo Esteso



SOLD OUT
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:ポリウレタン
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦 2.8mm/6弦 3.1mm

〔製作家情報〕
数多いスペインのフラメンコギターブランドの中でも、屈指の定番とされるコンデ・エルマノス。ブランドの始まりはマドリッドの伝説的なマヌエル・ラミレス(1864~1916)工房で、サントス・エルナンデス(1874~1943)と共に職人として働いていたドミンゴ・エステソ(1882~1937)が、1919年に同じマドリッドのグラヴィーナに工房を開くところまで遡ります。彼の教えを直接受けた甥のファウスティーノ・コンデ(1913~1988)がその弟達マリアーノ(1916~1989)とフリオ(1918~1995)とともにエステソの工房スタッフに加わり、エステソ亡きあとも「Viuda y Sobrinos de Domingo Esteso」(エステソ未亡人とその甥達による)というラベルでこのブランドを継続してゆきます。1959年にエステソの妻(※Nicolasa Salamanca エステソギターの塗装を担当していた)が亡くなるとラベルを「Sobrinos de Domingo Esteso/Conde Hermanos」に変更し、この時からコンデ・エルマノスの名前がブランド名として使われ始めます。

1960年代に入るとそれまでエステソを踏襲していたモデルを全てデザインから内部構造に至るまでオリジナルのものに一新し、半月型にカットした有名な Media Luna ヘッドシェイプもこのころからハイエンドモデルの符牒として採用され、この時期世界的に高まる需要もあり飛躍的に名声とシェアを広げてゆきます。

1980年にはマリアーノがマドリッドのフェリーぺに工房を立ち上げ、彼の息子たち(フェリーぺ1世とマリアーノ2世の兄弟)とともに製作。グラヴィーナ工房と連携して製作していましたが、1988年にファウスティーノが亡くなったのを機にフェリーぺ工房は独自の操業を開始します。しかし翌年の1989年に後を追うようにマリアーノ1世もこの世を去り、2人の息子たちがフェリーぺ工房を継承します。ここからフェリーぺ工房は3つのコンデ工房の中でも特に時代のニーズに柔軟な対応を見せ、安定した商業ベースを維持するようになります。

そして2010年にはフェリーぺ1世はFelipe Conde、マリアーノ2世はMariano Conde としてそれぞれの独立したブランドとして工房を立ち上げ、それまでのコンデ・エルマノスの伝統を継承しながらもそれぞれの個性を濃密に注ぎ込んだ良品を現在も製作しています。

グラヴィーナ工房はファウスティーノ亡き後は彼の未亡人が2000年代まで工房を継続させていましたが現在は閉鎖しています。フリオは1950年代にアトーチャに設立されたコンデ・エルマノス工房を運営し、1995年に亡くなった後は娘と孫娘が経営を引き継いで現在もConde Hermanos ブランドとして安定した生産を維持しています。

コンデ・エルマノスギターは名手パコ・デ・ルシアが愛奏していたことをはじめとし、まさに名だたるフラメンコギタリストによって使用され、フラメンコギターファンには現在も欠かすことのできないマストアイテムとなっています。

[楽器情報]
ソブリーノス・デ・ドミンゴ・エステソ(コンデ・エルマノス グラヴィーナ工房)1972年製フラメンコブランカUsedの入荷です。表面板構造はサウンドホール上側(ネック側)に1本のハーモニックバーと補強プレート、下側(ブリッジ側)に1本のハーモニックバー、そして特徴なのが表面板下部(くびれ部より下)の7本の力木配置ですが、まずサウンドホールの幅にほぼ収まるようにしてセンターの3本がお互いに平行に木目に沿って配置され、高音側と低音側の2本ずつ計4本はそれぞれがハの字を形成するような角度で配置されています。ボトム部ではこれら7本の先端を受け止めるように2本のクロージングバーがV字型に配置されています。つまり通常の力木構造では同一の中心点をもった扇状形に配置されるのに対し、ここでは平行配置による3本と、それとは異なる2つの中心点を有する角度を持った2本×2の配置とが混合した形で構成されており、これは実は後のコンデエルマノスのフラッグシップモデルとなる「A26」でさらに進化して採用される方式の萌芽とみることができるものとなっています。レゾナンスはF~F#に設定されています。

低音側横板のくびれ部に近い箇所に2本の割れ補修履歴、またヘッドの低音側糸倉に一カ所割れ補修履歴があります。全体にフラメンコギターとして年代相応のキズ、打痕(弦飛びあと)などがあります。ネックはほんのわずかに順反りですがちょうど適正値といってよいレベル、フレットも摩耗なく良好な状態です。指板は二重に加工された経歴がありますが現時点で1~9フレットで摩耗が見られます。ネック形状はほとんどCに近いDシェイプで丸みのある形状。弦高値は2.8/3.1㎜(1弦/6弦 12フレット)でサドル余剰が2.5㎜ほどあります。糸巻はGotoh製に交換されています。重量は1.34kg。

〔商品情報〕
楽器名ソブリーノス・デ・ドミンゴ・エステソ Sobrinos de Domingo Esteso
カテゴリ輸入フラメンコ オールド
品番/モデルFlamenco Blanca
弦 長667mm
スペイン Spain
製作年1972年
表 板松単板 Spruce
裏 板シープレス単板 Cypress
程 度※6
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース(ヒスコック)


下の写真をクリックすると拡大して表示します