ギターショップアウラ ギターカタログサイト

河野 賢 Masaru Kohno



ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:カシュー
糸 巻:ロジャース
弦 高:1弦 2.5mm/6弦 3.7mm


〔製作家情報〕
1926年茨城県水戸に生まれる。
1948年3月東京高等工芸学校木材工芸科(現千葉大学建築科)卒業と同時にギター製作を開始。1960年5月スペインに渡りギター製作を学ぶ。1967年9月ベルギーに於ける国際ギターコンクールで金メダル受賞。
日本における高級ギター製作のパイオニア的存在であり、当時も今も非常にファンの多い国内ブランドです。高い工作精度による美しい外観、弾き易く常に安定感があり、また何よりも日本人の嗜好に音色と演奏性の両面で合致したギターは、海外からも国産ブランドの筆頭として高い評価を得ています。

〔楽器情報〕
当時人気絶頂となっていた河野賢製作、1982年製 モデルSpecial 中古の入荷です。ちょうどブランド全体でモデルラインナップの改編や仕様等のリニューアルがされた直後の時期のもので、それまで全く異なる様々なタイプの力木構造で製作をしていた彼でしたが、ここで現在の桜井・河野ブランドまで受け継がれる基本コンセプトが確立されたと言えるでしょう。スペインギターのエッセンスを彼なりに独自に再構成し、日本人の演奏嗜好にフィットした音響と演奏性、極めて良質な木材を使用した豪奢で高級感のある全体に仕上がりは邦人製作家としてこれまでになかったような域に達し、日本という市場におけるギター需要を一気に集中させるほどの人気を誇りました。

当器 Specialは文字通り当時の河野ブランドのハイエンドモデルの一つ。内部構造はサウンドホール上に一つ、下に2本のハーモニックバーとほぼ平行に近い角度で配された7本の扇状力木、駒板位置にパッチ板が貼られ、さらにその下にも1本の力木が7本の扇状力木のうち高音側の6本を横切るように配置、そしてボトム部ではスペイン的なハの字型のクロージングバーではなく7本の扇状力木を受けとめる様に1本のバーが駒板と平行に設置されています。全体に木目に対してほぼ平行または直角に交わる方向で配置された力木で形成されており、四角を基本形とした構造が志向されています。レゾナンスはGの少し上に設定されています。

全体に細かな弾き傷、打痕、摩擦による塗装のムラがあり(裏板には塗装の経年変化により製作時の指紋が何カ所か浮き出しています)、年代相応に十分に弾き込まれております。いくつかの打痕は部分的な塗装補修が施されているほか、ブリッジ下には弦飛び跡があります。表面板センターのボトム部分には5センチほどの割れ補修跡があります。塗装はオリジナルのカシュー仕様。糸巻きはロジャース製を装着、機能的に全く問題ありません。

当時の河野ブランドとしては珍しく650mm仕様、ネックは薄めのDシェイプで高音側と低音側とで若干カーブの度合いを変えており、握りやすさを追求した仕様。右手タッチのミートポイントの許容範囲が広く、全体に柔らかめの音色でたっぷりと響き、発音のレスポンスもストレスがないので初心者の方でも楽に弾きこなせる感覚があります。

〔商品情報〕
楽器名河野 賢 Masaru Kohno
カテゴリ国産クラシック オールド
品番/モデルSpecial
弦 長650mm
日本 Japan
製作年1982年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※8
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します


中出 阪蔵 Sakazo Nakade
河野 賢 Masaru Kohno
中出 阪蔵 Sakazo Nakade
廣瀬 達彦 Tastuhiko Hirose
廣瀬 達彦 Tatsuhiko Hirose
中出 阪蔵 Sakazo Nakade
田崎 守男 Morio Tasaki

※程度
10新作
9新品同様の美品
8年代から見て状態が良い
7年代から見て標準に近い状態
6状態は少し劣るが演奏性は良い
5状態は劣るが演奏上の問題は無い
4以下演奏性に問題がある楽器は、販売いたしません