ギターショップアウラ ギターカタログサイト

中出 敏彦 Toshihiko Nakade



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:表:セラック 横・裏:カシュー
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦 3.0mm/6弦 3.5mm


〔製作家情報〕
1932年東京生まれ。ジャパンヴィンテージの筆頭格として河野賢と共に名の挙がる中出阪蔵(1906~1993)の次男。父の教えのもと16歳よりヴァイオリンとギターの製作を開始し、5年後にはギター製作に専心するようになります。1960年には自身の独立した工房を開設し、オリジナルラベルでの製作を開始。その後1968年にはスペインに渡り、マドリッドの製作家エルナンデス・イ・アグアドの工房に入門。この名工からの影響が決定的となり、自身のその後の製作哲学を明確に方向づけられることとなります。外観的な意匠や楽器構造、音色的な特徴においてその影響は如実に表れており、そこに氏独自の個性を注ぎ込んだ楽器はその勇壮な鳴りと豊かな表情とで人気を博します。

80歳を越えた現在も邦人製作家の最長老として、限定的ながら製作を続けており、スペイン的なニュアンスを感じさせる国内ブランドの代表格としての地位を維持しています。近年は父阪蔵氏と並び、海外でも人気の高まっているブランドです。同じギター製作家(現在は引退)の中出輝明氏は兄、中出幸雄氏は弟、また中出六太郎氏は叔父になります。

〔楽器情報〕
このブランドとしては比較的珍しいフラメンコ、ネグラ(黒)仕様のハイエンドモデル「Master Special」 1999年製 状態良好の中古が入荷致しました。
横裏板は極めて上質のハカランダ材を使用し、豪奢なパーフリングが施されたスリーピースバック仕様。ヘッドにはこれもハイエンドモデルの符牒となる彫刻をあしらい全体に貫録ある外観の仕上がり。内部構造はサウンドホール上下のハーモニックバーにさらにもう一本がちょうど表面板低音側のくびれのところから高音側に向かって斜めに下りてゆくバーが配され、扇状力木は計7本、それをボディ下部で受け止めるハの字型のクロージングバーと駒真下位置のパッチ板という構造で、父中出阪蔵の基本力木配置の一つとなていたものとほぼ同じ。フラメンコモデルですがボディはしっかりとした厚みがあり、弦高もほぼクラシック的な設定(低めの設定も可能)。響きにも深みと艶がありますが、このブランドのクラシックモデルと比較するとサスティーンがやや抑制された粘りのある発音になっており、フラメンコとしての特性を備えたものとなっています。レゾナンスはGの少し上に設定。

ゴルペ板周辺に使用年数相応の弾き傷あり、裏板には演奏時の衣服の擦れあとが若干ありますが、割れ修理履歴等なく20年を経たフラメンコとしては良好の一本。塗装は表面板セラック、横裏板カシューのオリジナルを保持。ネックには黒檀が埋め込まれた仕様となっており反りはありません。ネックは薄めのDシェイプタイプ。ナット、サドルは象牙材を使用。



〔商品情報〕
楽器名中出 敏彦 Toshihiko Nakade
カテゴリ国産フラメンコ 中古
品番/モデルマスタースペシャル
弦 長660mm
日本 Japan
製作年1999年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※7
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品軽量ケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します


黒澤 哲郎 Tetsuo Kurosawa
中出 敏彦 Toshihiko Nakade
金子 輝夫 Teruo Kaneko

※程度
10新作
9新品、デッドストック品
8新品同様の美品
7年代から見て状態が良い
6年代相応で標準的な状態
5年代から見て標準に近い状態
4状態は少し劣るが演奏性は良い
3状態は劣るが演奏上の問題は無い
2少し難があり簡単な修理、調整が必要
1修理が必要