ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ビウダ・デ・サントス・エルナンデス Viuda de Santos Hernandez



〔製作家情報〕
マルセロ・バルベロ1世(1904~1956)スペイン、マドリッド生まれ。トーレス~マヌエル・ラミレスの伝統が戦後のスペインギターへと継承されるその架け橋となった製作家であり、20世紀屈指の名工の一人。
ホセ・ラミレスII世が1925年にブエノスアイレスからスペインに戻ってラミレス1世の工房を引き継ぎますが、バルベロは職工の一人として同工房で製作をしていました。しかし1943年に同地の名工サントス・エルナンデスが亡くなった際、未亡人からの要請により彼の工房を引継ぎ、「ビウダ(未亡人の意味)・デ・サントス・エルナンデス」ラベルのギターを製作することになります。
サントスの生前に製作上の直接的な関係はなかったバルベロですが、工房に保存してあった材料や型枠、作りかけの表面板、そして本人が使用していた工具や治具を用いて未亡人のアドバイスの下製作を進めるうち、サントスギターの音響的素晴らしさに深く感銘を受けるようになります。
こうして彼はサントスの後継者となり、それ以降サントスの設計を基調とした楽器を製作します。その作風はしかしその後、彼独自の発展を遂げ、自身独立してオリジナルラベル製作を始めることとなり、1950年代には名品の誉れ高い楽器を製作する充実した時期を迎えることになるものの、1956年に52歳の若さで他界してしまいます。
彼の温かい人柄を慕い多くの製作家達が彼の工房を訪れていましたが、その後のマドリッドの最重要人物の一人となるアルカンヘル・フェルナンデスが彼との最後の2年間をともにし、名実ともに真の後継者としてこの工房を引き継ぐことになります。

〔楽器情報〕
サントス・エルナンデスが1943年に亡くなった後、彼の妻マティルデの要請によりマルセロ・バルベロ1世が残っていた注文分を引継で製作した中の一本で、いわゆるバルベロ~サントス未亡人のラベルによる非常に貴重な一本です。後のバルベロ本人のオリジナルモデルとも共通する5本の力木配置で、レゾナンスはFの少し上に設定されています。音色、各弦と各音の分離、強弱のダイナミズムと俊敏な反応、適度な粘りを含んだ発音、そして音そのものが持つ音楽的なニュアンス、その演奏性の高さも含め、まさに芸術的なクオリティを備えた一本。稀代の名工同士のコラボレーションとも言えるギターですが、しっかりとオリジナルサントスの特性を活かし、同ブランドの中でも最良のものの一つとも言える出来。
表面板と裏板に数ヵ所の割れ修理がありますが、楽器の性質を損なうことのない適切な修理が施されており、演奏には問題無い良好な状態です。傷は少々有りますが製作年を考慮すると良好な状態。ゴルペ板は一度剥がした後にサイズの少し大きいものに貼り替えられており、元のゴルペ跡が新しいゴルペの上からも見えてしまっていますので、その部分は外観的にはやや難がありますが、使用には全く問題ありません。
〔商品情報〕
楽器名ビウダ・デ・サントス・エルナンデス Viuda de Santos Hernandez
カテゴリ輸入フラメンコ オールド
品番/モデル
弦 長655mm
スペイン Spain
製作年1944年
表 板スプルース単板 spruce
裏 板シープレス単板 cypress
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)4,050,000 円
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します