ギターショップアウラ ギターカタログサイト

田村 廣 Hiroshi Tamura



New Arrival SOLD OUT
ネック:マホガニー
指 板:エボニー
塗 装:ポリウレタン
糸 巻:木ペグ
弦 高:1弦 2.9mm/6弦 3.4mm

〔製作家情報〕
高知県高知市出身で同地で工房を開き、特にフラメンコギターで高い評価を得た製作家です。同じく製作家として知られる田村満氏とは兄弟にあたります。
製作家、ギタリストともに注目すべき人材を輩出し続けている四国、高知。その地を代表し、ジャパニーズヴィンテージとして必ず名前の挙がるブランドです。兄弟揃って1960年代以降の人気を形成していきますが、田村廣がブランドの規模を拡大し量産体制を指向するのに対し、満のほうはあくまで個人手工製作にこだわったようです。本場スペインの響きとニュアンスを十全に備えたギターとしては当時比肩しうるものがなかったと言ってよく、その素早い音のレスポンスと豊かな音量、乾いた味わいのある音色、そして抜群の弾きやすさは現在でもやはり魅力的と言えるでしょう。

[楽器情報]
田村廣 1969年製 C-50 フラメンコ白モデルの木ペグ・杉top仕様 Used の入荷です。そのヘッドシェイプからも想起されるマルセロ・バルベロ1世への目くばせ(オマージュ)が感じられるモデル。表面板の中央に寄り添うように、あまり角度をつけずに配された5本の扇状力木とその低音側と高音側の下部ふくらみ付近に「閉じていない」クロージングバーを設置し、駒板部分には薄いパッチ板での補強を施した力木配置はまさしくバルベロ的。レゾナンスはFの少し上と十分に低い位置に設定。そして音はフラメンコとしてのクオリティを機能性と表現力の双方において十全に満たしており、加えて経年による深化も加わり実に魅力的なフラメンコとなっています。ネックは薄めのCシェイプで丸みのあるグリップ感、ネック差し込み角も適正で非常に弾きやすい感覚。弦高値は12フレットで2.9㎜/3.4㎜(1弦/6弦)、サドルに調整余剰ありますのでさらに下げることも可能です。

表面板の指板両脇からロゼッタ部分にかけて割れの補修歴がありますが現状で問題ありません。細かな弾き傷、ブリッジ下の弦とび等は見られますが年代考慮するとフラメンコとしては美品と言えるレベル。またネック、振れっとなどの演奏性に関わる部分や木ペグの操作性に関しても現時点で問題ありません。ヘッド裏の木ペグ横におそらく過去に補強留め具を装着したであろうねじ穴跡がありますが現在は埋め木補修がされています。


〔商品情報〕
楽器名田村 廣 Hiroshi Tamura
カテゴリ国産フラメンコ オールド
品番/モデルC-50
弦 長650mm
日本 Japan
製作年1969年
表 板杉単板 Ceder
裏 板シープレス Cypress
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)110,000 円
付属品ハードケース黒


下の写真をクリックすると拡大して表示します


田村 廣 Hiroshi Tamura
金子 輝夫 Teruo Kaneko

※程度
10新作
9新品同様の美品
8年代から見て状態が良い
7年代から見て標準に近い状態
6状態は少し劣るが演奏性は良い
5状態は劣るが演奏上の問題は無い
4以下演奏性に問題がある楽器は、販売いたしません