ギターショップアウラ ギターカタログサイト

長沢 仁美 Hitomi Nagasawa



New Arrival
〔製作家情報〕
1954年福島生まれ。山形大学在学中にギター製作を志すことに決め、茶位幸信氏に師事。その後大阪のギターメーカーで数年間製作と修理に従事したのち独立し、千葉県船橋市に工房を開きます。結婚後に同じ県内の柏市に工房を移しますが、田舎の豊かな自然の中で製作をしたいという思いから山梨県に移り、富士山を間近に見る事の出来る工房で現在も製作を続けている。アントニオ・デ・トーレスの実物を修理した経験と知識を活かし、伝統的なスタイルを踏襲しながらも独自の意匠や工夫を凝らした作風がコアなギターファン
の間で話題となり、その楽器は高い評価を受けています。

〔楽器情報〕
2001年製作のトーレスモデルです。全体に丁寧なセラックニスが施され、渋い味わいを醸し出した外観。音も独特の滋味を感じさせます。内部構造は左右対称7本の扇状力木とボトム部の2本のクロージングバー、サウンドホール両脇に1本ずつの短い力木が配されており、オリジナルトーレスの代表的な配置を踏襲しています。表面板はかなり薄く加工されており、またサウンドホールも通常と比較すると小さく開けられています。レゾナンスはGの少し下に設定されています。

傷の殆どない、年代考慮すると美品と言えますが、表面板は若干の膨らみを生じています。ネック、フレット、糸巻き等の演奏性に関わる部分は問題ありません。現状で弦高値は1弦3.0mm、6弦4.0mm、サドル余剰は1.5~2.0mm程となっています。

〔商品情報〕
楽器名長沢 仁美 Hitomi Nagasawa
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルトーレスモデル
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2001年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※7
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します