ギターショップアウラ ギターカタログサイト

河野 賢 Masaru Kohno



〔製作家情報〕
1926年茨城県水戸に生まれる。
1948年3月東京高等工芸学校木材工芸科(現千葉大学建築科)卒業と同時にギター製作を開始。1960年5月スペインに渡りギター製作を学ぶ。1967年9月ベルギーに於ける国際ギターコンクールで金メダル受賞。
日本における高級ギター製作のパイオニア的存在であり、当時も今も非常にファンの多い国内ブランドです。高い工作精度による美しい外観、弾き易く常に安定感があり、また何よりも日本人の嗜好に音色と演奏性の両面で合致したギターは、海外からも国産ブランドの筆頭として高い評価を得ています。

〔楽器情報〕
当時人気絶頂となっていた河野賢、1970年製のNo.15モデルです。国内では屈指の良材のストックを誇っていたこのブランドらしく、横裏板には上質な中南米ローズウッドを使用。当時の標準的な仕様である660mmスケールで全体にボディやネックも大きめなサイズながら、ネックの角度の設定やネックシェイプ、弦の中庸の張りなどによりむしろ弾き易く感じられる設定になっているのはこのブランドの人気の大きな秘密の一つでしょう。音量豊かでいかにも杉材のギターらしい迫力があり、タッチの許容範囲も広いので初心者の方でも気軽に弾きこなせます。
表面板駒の低音側端に近い部分に駒下から最下部迄に割れ修理が有りますが適切な補修が施されており演奏には問題無い状態です、傷は年代なりに有りますが、他は良好な状態です。ネックは反りなく弦高弾き易く調整されています。
〔商品情報〕
楽器名河野 賢 Masaru Kohno
カテゴリ国産クラシック オールド
品番/モデルNo.15
弦 長660mm
日本 Japan
製作年1970年
表 板杉単板 Cedar
裏 板中南米ローズ単板 South American rosewood
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)162,000 円
付属品


下の写真をクリックすると拡大して表示します


河野 賢 Masaru Kohno
廣瀬 達彦 Tatsuhiko Hirose
野辺 正二 Masaji Nobe
大西 潤 Jun Onishi
松村 雅亘 Masanobu Matsumura
河野 賢 Masaru Kohno 
田崎 守男 Morio Tasaki
大津 倭文 Humio Ohtsu

※程度
10新作
9新品、デッドストック品
8新品同様の美品
7年代から見て状態が良い
6年代相応で標準的な状態
5年代から見て標準に近い状態
4状態は少し劣るが演奏性は良い
3状態は劣るが演奏上の問題は無い
2少し難があり簡単な修理、調整が必要
1修理が必要