ギターショップアウラ ギターカタログサイト

栗山 大輔 Daisuke Kuriyama



〔製作家情報〕
1981年生まれ。東京造形大学在学中に独学でギター製作を始める。卒業後の2003年大手楽器店に入社し修理部門として10年以上従事する。そこで多くの国内外の名器を実地に研究する機会を得たことが、現在の彼の類まれなバランス感覚に支えられた音色への感性を育んだと言える。在籍中に尾野薫を紹介され、2010年より氏の工房にて直接指導を受ける。その後独立し年間6~8本程のペースで極めて上質なギターを製作。トーレス、エステソ、バルベロ1世等のスペインの伝統工法に立脚した彼の楽器はどれも古き良きスパニッシュギターの味わいが素直に体現されており、現在多くのジャンルのユーザーに愛されるブランドとなっている。

〔楽器情報〕
この製作家が得意とする名工アントニオ・デ・トーレスの、中でも特に名高いモデルとして知られる「ラ・レオナ」のレプリカで、横裏板に素晴らしいフレイムメイプルを使用したカスタムメイドモデル。当機はほぼ未使用の2020年製アウトレット品です。軽めのボディから生々しくしかし洗練された木質の明るい音が豊かに響き、全体のバランスも申し分ありません。トーレスモデルらしい奥行きのある響き、低音も軽めながら引き締まり、高音は素朴な温かみのある透明な音色です。

内部構造は左右対称の7本の扇状力木に胴底でそれを受け止める2本のハの字型のクロージングバーという配置。レゾナンスはG#の少し上に設定されています。

弦長は635mmとショートスケール、ネックも細め(ナット幅48mm)で手の小さい方や女性の方でも大変弾き易く設定されています。造作の精度、意匠の上品さ、セラックの見事な仕上げと相まって外観の美しさはやはり素晴らしく、この点でもこの製作家の最高の仕事の一つと言えるでしょう。糸巻はスローン製のLeaf柄タイプを装着。専用ハードケース付き。

〔商品情報〕
楽器名栗山 大輔 Daisuke Kuriyama
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルトーレス 「ラ・レオナ」 カスタムモデル No.66
弦 長635mm
日本 Japan
製作年2020年
表 板スプルース単板 Spruce
裏 板楓 maple
程 度※9
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品専用ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します