ギターショップアウラ ギターカタログサイト

田邊 雅啓 Masahiro Tanabe



SOLD OUT
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラック
糸巻き:ライシェル


〔製作家情報〕
1974年群馬県生まれ。幼少の頃より音楽と工作に深い興味を持ち続け、20歳の時にクラシックギターの製作を志す。 法政大学卒業と同時に製作家の石井栄に師事し、同工房にて自作品として140本近くを製作。その後2001年に渡欧して各地の弦楽器工房を訪問した際に、スペインの名工ホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスに参加し、スペインギターの伝統的な製作方法に触れたことで自らの方向性を確信するに到ります。 帰国後に栃木県足利市に独立して工房を構え、ロマニリョスのマスタークラスで出会った尾野薫にアドバイスを受けながら製作研究に一年余を費やし、 2002年にその後の彼のメインモデルの一つとなるロマニリョスモデルを発表。 その後2004年に再度渡西した折には、同地の名工達の工房を訪ね更に見識を深め、特にアルカンヘルからは助言と共にその製作姿勢に多大な影響を受けています。 師の教えを実直に守りながらひたすらに良い音を求めるその製作態度ゆえ、年間本数がわずか5~7本限られるため、現在新作が最も待ち望まれる製作家の一人となっています。 2018年にはNHKの人気番組で工房での製作風景が放映された他、 新聞や海外のギター専門誌からの取材オファーを受けるなどメディアからも注目されている。


〔楽器情報〕
田邊雅啓製作のカスタムモデル‘La Lucia' No.234 2014年製中古が入荷致しました。ある国内プロギタリストの求めに応じて製作されたもので、アントニオ・デ・トーレスを基本構造体としながらも、特に内部構造における細部での大胆な設定が為されています。サウンドホール下のハーモニックバーの中心の一点に集中するように5本の扇状力木の頂点が置かれ、そこからまさに扇の形に拡がってゆくような配置。これはトーレス以前にイタリアのルイス・パノルモが採用していた力木配置を想起させるものですが、さらに特筆すべきは一番外側の力木が、駒(ブリッジプレート)のエンド部分の位置より木組みされ、ちょうどY字を逆さにしたような二股に枝分かれした特殊な構造で、これは宮大工の助言を得て採用した組み木構造とのこと。そしてボトム部分でその5本の扇状力木をしっかりと受け止める2本のクロージングバーが配置されています。レゾナンスはGの少し下に設定。古楽器のヴィヴィッドな発音と音響にトーレス的な音色を加味したような響きで、氏の製作したモデルの中でも特殊な一本と言えるでしょう。わずかな傷ありますが年代相応のレベルで修理履歴等もなく、ネック、フレット等の演奏性に関わる部分も問題ありません。糸巻きはライシェルを装着。


〔商品情報〕
楽器名田邊 雅啓 Masahiro Tanabe
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデル80号 カスタムモデル La Lucia No.234
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2014年
表 板松単板 Spruce
裏 板ローズウッド単板 Indian Rosewood
程 度※7+
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品軽量ケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します