ギターショップアウラ ギターカタログサイト

中野 潤 Jun Nakano



New Arrival
ネック:楓
指 板:エボニー
塗装:セラック
糸 巻:木ペグ
弦 高:1弦 3.0 mm/6弦 4.0 mm

〔製作家情報〕
1966年 長野県松本市生まれ。 1989年よりメキシコに留学した折、サンミゲルの地でギター製作家のルシオ・ヌーニョス氏と出会い、製作を志す様になりました。その後1992年より石井栄氏に師事。1996年にはスペインに留学してグラナダにてアントニオ・マリンに師事、 帰国後に独立し、松本に自らの工房を開設しました。独立後はグラナダの伝統的な工法を用いた製作を開始し、その後も再度渡欧してホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスにも参加、その折に触れたトーレスに感化を受けて製作した、精度の高いトーレスモデルの作品で、高い評価を得ています。

〔楽器情報〕
中野氏としては比較的珍しい19世紀ロマンティックギター レプリカモデル 2012年製Used 状態良好の美品が入荷致しました。様式的に見ておそらくフランスのルネ・フランソワ・ラコートのギターを踏襲したものですが、中野氏らしい剛健さが加わった仕上がりとなっており、まずはその外観の優美ながら力強い佇まいに目が奪われます。横裏板とネック材には美しいフレイムメイプルを使用し(裏板は内側に松材を貼り付けた二重仕様)、ロゼッタとパーフリングなどの意匠は黒系色で統一、ロゼッタには中野氏が得意とする白蝶貝の精緻な象嵌が控えめにあしらわれ、これらが白く輝くようなボディとの鮮やかな対照となっています。また極めて繊細なセラックによる仕上げは上品な艶を全体にまとわせて、ラコートの滋味とは異なる新鮮さを感じさせます。板はやや厚めに加工されており、またネックも厚みをもったCシェイプでしっかりとしたグリップ感、このためここでもオリジナルラコートの優美さとは異なる、ロマンティックギターとしては硬質な音色となっています。

内部構造もラコートの代表的なラダーブレーシングシステムでいわば表面板、裏板ともにバーのみを設置(表面板のほうの一本は斜めに傾斜して配置しておりこれもオリジナルに準拠)。レゾナンスはD# の少し上という設定です。

表面板やや弾き傷見られますが微細なもので外観を損ねるものではありません。その他割れなど大きな修理履歴もなく、ネック、フレットなどの状態もほぼ完ぺきな状態。糸巻は木ペグですが現状でスムースな機能性を維持しており、継続しての使用に問題ございません。ブリッジはピンブリッジ仕様になっており、こちらも現状で摩耗等なくご使用に問題ございません。

中野氏の個性がさりげなく表れた気品ある19世紀ギター、専用ハードケース付きでのお渡しとなります。






〔商品情報〕
楽器名中野 潤 Jun Nakano
カテゴリ古楽器
品番/モデル19c ロマンティックギター(ラコートモデル)
弦 長630mm
日本 Japan
製作年2012年
表 板スプルース
裏 板楓 Maple
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品専用ハードケース 青


下の写真をクリックすると拡大して表示します


中野 潤 Jun Nakano
フランソワ・ラウドロフ Francois Roudhloff
ブレイス・マス Blaise Mast

※程度
10新作
9新品同様の美品
8年代から見て状態が良い
7年代から見て標準に近い状態
6状態は少し劣るが演奏性は良い
5状態は劣るが演奏上の問題は無い
4以下演奏性に問題がある楽器は、販売いたしません