ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ショーン・ハンコック Sean Hancock



[製作家情報]
1981年クイーンズランド(オーストラリア)生まれ。デンマークの木材加工業の血筋を引く父キム・ハンコックから11歳の時より製作を学ぶ。
その後、その技術を工芸大学にて磨きをかけ、1997年には彼の楽器が優勝賞金2万ドルのネスカフェ・ビッグ・ブレークを獲得。
1999年のアメリカ旅行を機に1937年製のセゴビアが使用したハウザーI世のフルコピーモデルの製作を開始。更に2007年はロマニリョスのマスタークラスにも参加しスペインの伝統工法についての研鑚を積んでいます。

[特徴]
オーストラリアの高名な家具職人の家系に生まれ、現在父親のキム、兄のデインとともに工房を構えています。工房でのそれぞれの嗜好を活かしたラインナップはアーチトップ、アコースティック、ウクレレなどにも及び、あくまでハンドメイドにこだわった高品質なブランドとしてオーストラリア国内にて高い人気を獲得しています。

同国のクラシックギター製作において主流となっているラティス構造のギターではなく、彼が規範としたのはトーレス、ハウザーなどの伝統的なスタイル。2007年にはスペインにてホセ・ルイス・ロマニリョスの講習会に参加し、このマエストロからのアドバイスによって、自身の伝統工法への嗜好を確認しています。今回入荷のハウザー1世モデルは自身の現在の探求の成果が表れたものとして、実に瞠目すべき仕上がりとなっています。

全面セラック塗装。やや硬めの適度な粘りをもった響きは心地よく、演奏性も日本人の感触にフィットしたもの。表板は7本の扇状力木を2本のハの字型の力木で受けるオーソドックスなハウザースタイル。又棹とヘッドの接合には、ハウザーやロマニリョスが用いた手間のかかるVジョイントを採用。デザイン的にも楓の縁飾りを用いる等、虚飾を避け本質に迫ろうとする意欲の見える作風です。AURA提供によるプレミアム材を使用した、外観も含め文字通り出色の出来。おすすめの新作が入荷です。

〔商品情報〕
楽器名ショーン・ハンコック Sean Hancock
カテゴリ輸入クラシック 新作
品番/モデルハウザー I 世モデル 
弦 長650mm
オーストラリア Australia
製作年2018年
表 板スプルース単板 spruce
裏 板ローズウッド単板 Indian rosewood
程 度※10
定 価1,080,000 円
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します