ギターショップアウラ ギターカタログサイト

尾野 薫 Kaoru Ono



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラック
糸 巻:フステーロ
弦 高:1弦 2.7mm /6弦 3.9mm

〔製作家情報〕
1953年生まれ。中学生の頃からギターを弾き始め、大学の木材工芸科在学中その知識を活かして趣味でギターを製作。 その類まれな工作技術と音響に対するセンスは注目を集めており、愛好家達の要望に応えて27歳の時にプロ製作家としての本格的な活動を開始。 同時期にアルベルト・ネジメ・オーノ(禰寝孝次郎)に師事し、彼からスペインギターの伝統的な工法を学びます。 その後渡西しアルベルト・ネジメの師であるグラナダの巨匠アントニオ・マリン・モンテロに製作技法についての指導を受け、 2001年には再びスペインに渡りホセ・ルイス・ロマニリョスの製作マスターコースも受講しています。 さらにはマドリッドの名工アルカンヘル・フェルナンデスが来日の折にも製作上の貴重なアドバイスと激励を受ける等、 現代の名工達の製作哲学に直に接し学びながら、スペイン伝統工法を科学的に考察し理論的に解析研究してゆく独自の方法でギターを製作。 日本でのスペイン伝統工法の受容の歴史において、アルベルト・ネジメと並ぶ重要な製作家の一人として精力的な活動を展開しています。 その楽器はあくまで伝統的な造りを基本としながら、十分な遠達性、バランス、倍音の統制において比類なく、極めて透徹した美しい響きを備えた、 現在国内のギター製作における最高の成果を成し遂げたものとして高い評価を得ています。

target='_blank'>オルフェオマガジン「日本の製作家」特集掲載号 オンラインショップ商品ページはこちら

オルフェオ取材同行記 尾野薫編はこちら

〔楽器情報〕
尾野薫 製作 ハウザーモデル2013年製 No.250 Usedの入荷です。
割れなどの大きな修理、改造履歴はありません。全体に大小の弾き傷、弦とび跡や衣服等の摩擦痕があり、またセラックによる塗装は経年の使用により部分的に変色がありますが、現状で継続しての使用には問題ありません。ネックは真っすぐを維持しており、フレットは1~5フレットでやや摩耗ありますが適正値を維持しています。ネック形状はDシェイプでこのブランドのものとしては薄めの設定で握りやすい形状です。弦高値は2.7/3.9㎜(1弦/6弦 12フレット)でサドルには1.0~1.5㎜の調整余剰がありますのでお好みに合わせてさらに低く設定することが可能です。糸巻はフステロ製を装着しており、こちらも動作状況に問題ありません。


〔商品情報〕
楽器名尾野 薫 Kaoru Ono
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルハウザー1世モデル Hauser model No.250
弦 長645mm
日本 Japan
製作年2013年
表 板松単板 Spruce
裏 板ローズウッド単板 Indian rosewood
程 度※6
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品


下の写真をクリックすると拡大して表示します