ギターショップアウラ ギターカタログサイト

フランシスコ・バルバ Francisco Barba



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラックニス
糸 巻:フステーロ
弦 高:1弦 2.1mm/6弦 2.5mm

〔製作家情報〕
1939年スペイン、セヴィーリャの生まれ。最初は父親の元で大工として働いていましたが、17歳のときにギター職人として生きることを決意。独学で製作技術を習得してゆきます。スペインでは同年代のマヌエル・レジェスと並び称されるほどの評価を得ている名工ですが、日本では未だ「知る人ぞ知る」通好みのブランドとなっているのは、彼の楽器の素晴らしさを感じているフラメンコファンにとっては何とも歯がゆいところでしょう。実際に多くの名手たちが彼のギターを所有し、その音色と演奏性の高さを称賛しています。加えて造作の精緻さと意匠の美しさについても、このブランドを語るときには必ず挙げられるポイント。現在も2人の息子フアンとホセとともに、彼のキャリアスタートの時と変わらずセヴィーリャの工房で新作を製作し続けています。
ペドロ・ペーニャ、ニーニョ・デ・プーラ、キケ・パレーデス、マヌエル・モリーナ、ラファエル・リケーニ、マノーロ・フランコ他多くのフラメンコギタリストが愛用。

〔楽器情報〕
フランシスコ・バルバ2022年新作の入荷です。まずその全体の精緻な仕上がりが素晴らしく、木工の造作、ネックの仕込みやフレット、ブリッジの設定、そして塗装、更には内部構造の仕上げに至るまでじつに丁寧な仕事が為されており、それぞれが全体の統一感に寄与している、完成度の極めて高い一本となっています。

音もフラメンコの表現を十全にカバーし、発音のレスポンスと適度な粘り、サスティーンと分離、音量のダイナミズム等々申し分のないクオリティを備えており、加えてこのブランドならではの音色的特徴とスペイン的なニュアンスも濃密。フラメンコギターブランドとして現代屈指の製作家の面目躍如といったところ。

内部構造は左右対称8本の扇状力木配置で、それぞれはほぼ平行に近い角度で設定されています(表面板センターのブックマッチ部分には幅2センチほどのプレートが扇状力木とは別に、おそらく補強のために貼り付けられています。レゾナンスはF#~Gに設定されています。

ネックシェイプはDシェイプの普通の厚み。ネックの設定が絶妙で、弦高は12フレット上で1弦 2.1mm/6弦 2.5mmとかなり低めですが、ミディアムタッチであればビリつきは起きず、強めのタッチでは少々ビリつきますがそれも「フラメンコ的な」もので、まずはこのままの設定でお試し頂けたらと思います。

ロゼッタはサウンドホールラベルの枠を飾るブランドオリジナルデザインを意匠をそのまま白蝶貝で象嵌したもので、この細工も実に見事。スペイン製ハードケース付属。




〔商品情報〕
楽器名フランシスコ・バルバ Francisco Barba
カテゴリ輸入フラメンコ 新作
品番/モデルオリジナルモデル
弦 長655mm
スペイン Spain
製作年2022年
表 板松単板 Spruce
裏 板シープレス Cypress
程 度※10
定 価2,420,000 円
販売価格(税込)2,299,000 円
付属品ハードケース黒


下の写真をクリックすると拡大して表示します


フランシスコ・バルバ Francisco Barba

※程度
10新作
9新品同様の美品
8年代から見て状態が良い
7年代から見て標準に近い状態
6状態は少し劣るが演奏性は良い
5状態は劣るが演奏上の問題は無い
4以下演奏性に問題がある楽器は、販売いたしません