ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ホセ・ラミレス 3世 Jose Ramirez III



〔製作家情報〕
スペインが誇る老舗工房にして世界でもっとも有名なギターブランド ホセ・ラミレス。ホセ・ラミレス1世(1858~1923)の時代から1世紀以上に渡り文字通りスパニッシュギター製作史そのものを形成してきたと言って過言でなく、そのなかでもとりわけ豊饒の時代とも言えるホセ・ラミレス3世(1922~1995)の時期に製作されたギターは、革新的でありながら幅広いポピュラリティを獲得し、世界中のギターファンを魅了し続けました。
表面板に杉材を使用。胴の厚みを大きくとり、横板の内側にはフラメンコギターで使われるシープレス材を貼り付けて二重構造にしています。弦長は664mmで設定(通常は650mm)、塗装には従来のセラック塗装からユリア樹脂のものに変えられており、これらのラミレス3世がクラシックギターに対して行った改革は実に独創的なもので、のちのギター製作全般に大きすぎるほどの影響を及ぼしたのと同時に、「ラミレストーン」と呼ばれる甘く艶やかでロマンティックな音色が、まさにクラシックギターのイメージを決定するほどに一世を風靡しました。


〔楽器情報〕
MC(マヌエル・カセレス)スタンプの1a フラメンコモデルです。カセレスは1947年スペイン生まれ。1963年にホセ・ラミレス工房に入り、このブランドの1960~70年代黄金時代を支える重要な職工の一人として製作を担当。数あるラミレスヴィンテージの中でもMCのスタンプが刻印された彼のモデルは、クラシック、フラメンコとも現在まで高い人気を維持したアイテムの一つとなっています。1978年に独立した後も現在まで旺盛に製作を続け、ラミレス以降のマドリッド派を最も円満に継承する名工として変わらぬ人気を博しています。

本楽器は1969年作、カセレスのラミレス工房時代でも最も充実していた時期のもので、杉材によるフラメンコの太く耳に心地よい音色と乾いた歯切れのよい発音とが実に心地よい一本。演奏性も素晴らしく、両手の弾きやすさの点でも出色のフラメンコです。

ラミレスクラシックモデルとは力木配置も根本的に異なり、オーソドックスな左右対称5本の扇状力木に胴底にハの字のクロージングバーという構造。レゾナンスはD#~Eとかなり低く設定されています。

全面セラックでの上塗りが施されています。表面板高音側に2箇所、低音側の横板との接合部に近い部分に1箇所割れ補修跡があり、内側よりパッチ補強が施されています。また左右横板に割れ補修履歴がありパッチ補強が施されています。糸巻きはGotoh製に交換。
〔商品情報〕
楽器名ホセ・ラミレス 3世 Jose Ramirez III
カテゴリ輸入フラメンコ オールド
品番/モデル1a MCスタンプ #3244
弦 長655mm
スペイン
製作年1969年
表 板杉単板 Ceder
裏 板シープレス単板 Cypress
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します