ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ホセ・ラミレス 3世 Jose RamirezⅢ



ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:ラッカー
糸巻き:ピンウェル
弦 高:1弦 2.8mm/6弦 3.1mm

〔製作家情報〕
スペインが誇る老舗工房にして世界でもっとも有名なギターブランド ホセ・ラミレス。ホセ・ラミレス1世(1858~1923)の時代から1世紀以上に渡り文字通りスパニッシュギター製作史そのものを形成してきたと言って過言でなく、そのなかでもとりわけ豊饒の時代とも言えるホセ・ラミレス3世(1922~1995)の時期に製作されたギターは、革新的でありながら幅広いポピュラリティを獲得し、世界中のギターファンを魅了し続けました。
表面板に杉材を使用。胴の厚みを大きくとり、横板の内側にはフラメンコギターで使われるシープレス材を貼り付けて二重構造にしています。弦長は664mmで設定(通常は650mm)、塗装には従来のセラック塗装からユリア樹脂のものに変えられており、これらのラミレス3世がクラシックギターに対して行った改革は実に独創的なもので、のちのギター製作全般に大きすぎるほどの影響を及ぼしたのと同時に、「ラミレストーン」と呼ばれる甘く艶やかでロマンティックな音色が、まさにクラシックギターのイメージを決定するほどに一世を風靡しました。


〔楽器情報〕
ホセ・ラミレス 1966年製フラメンコモデル中古です。ラミレスのフラメンコギターはトレードマークと言える杉を表面板に使用したもので、杉材ならではのふっくらとして角の取れた耳に心地よい音像と、このジャンルとしては申し分のない切れの良い抜群の反応性とで非常な人気を博しました。本作ももちろん杉材を使用しているのですが、よりフラメンコらしい粘りとタッチに対する反発感があり、全体にメリハリとパンチ力が効いた響きになっています。内部構造はごくシンプルな5本の力木が扇状ではなく平行に木目にそって左右対称に配置され、駒板位置に貼られたパッチ板、ボトム部のハの字型のクロージングバーという設定で表面板のヴィヴィッドな反応が得られるようになっています。レゾナンスはF#の少し上に設定されています。

割れなどの大きな修理履歴はありません。表板のゴルぺ板周りに年代相応の弾き傷、またサウンドホールの縁に演奏による摩耗があります。横裏板には衣服による摩擦痕などがありますが全体に年代考慮すると比較的良好な状態と言えます。フレットやや摩耗していますが演奏性には支障なく、ネック状態と併せて良好な演奏性が保たれています。糸巻きはピンウェル製に交換(オリジナル糸巻きは保管されています)。なお本器は製作者のスタンプは押印されておりません。



〔商品情報〕
楽器名ホセ・ラミレス 3世 Jose RamirezⅢ
カテゴリ輸入フラメンコ オールド
品番/モデル
弦 長656mm
スペイン Spain
製作年1966年
表 板杉単板 ceder
裏 板シープレス単板 Cypress
程 度※8
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します