ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ホセ・ラミレス 3世 Jose Ramirez III



ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:ラッカー
糸 巻:フステロ
弦 高:1弦 2.8mm/6弦 3.0mm

〔製作家情報〕
スペインが誇る老舗工房にして世界でもっとも有名なギターブランド ホセ・ラミレス。ホセ・ラミレス1世(1858~1923)の時代から1世紀以上に渡り文字通りスパニッシュギター製作史そのものを形成してきたと言って過言でなく、そのなかでもとりわけ豊饒の時代とも言えるホセ・ラミレス3世(1922~1995)の時期に製作されたギターは、革新的でありながら幅広いポピュラリティを獲得し、世界中のギターファンを魅了し続けました。
そのフラッグシップモデルとなった「1A」は表面板に杉材を使用。胴の厚みを大きくとり、横板の内側にはフラメンコギターで使われるシープレス材を貼り付けて二重構造にしています。弦長は664mmで設定(通常は650mm)、塗装には従来のセラック塗装からユリア樹脂のものに変えられており、これらのラミレス3世がクラシックギターに対して行った改革は実に独創的なもので、のちのギター製作全般に大きすぎるほどの影響を及ぼしたのと同時に、「ラミレストーン」と呼ばれる甘く艶やかでロマンティックな音色が、まさにクラシックギターのイメージを決定するほどに一世を風靡しました。

〔楽器情報〕
[楽器情報]
1964以降、モデル「1A」を定番化し工房の生産システムも確立して一気に国際的なシェアを拡げていたホセ・ラミレスが、その高まる需要に応じて新たに展開したエステューディオモデルで、当時バルセロナに工房のあった「Taurus」が製作したもの。Taurusは1967年ごろから1970年代初頭までラミレスのEstudioモデルを出荷しており、ラミレスのトレードマークとなった杉材を使用したギターは人気を博しました。
弦長はメインユーザーに配慮して650mmで設定され、ネックも薄めのDシェイプで握りやすく、更にストレスのない発音で非常な迫力を持った音響はいかにもスペインギターのイメージにふさわしく、Taurus製品の質の高さが感じられます。

内部構造はサウンドホール上に2本、下に一本のハーモニックバーに、左右対称7本の扇状力木という配置で、1Aの構造とは全く異なるパターンで製作されています。レゾナンスはG#~Aに設定されています。

クラシックモデルですがフラメンコとして使用されており、ゴルペ板が装着されています(過去に一度剥がして交換した形跡があります)。またそのため表面板はスクラッチ跡や打痕が多く目立ちますが、特に割れ等の大きな修理履歴はありません。おそらくフレットは一度交換されており、指板とともに良好な状態を保っています。糸巻きはフステロ製を装着。 


〔商品情報〕
楽器名ホセ・ラミレス 3世 Jose Ramirez III
カテゴリ輸入フラメンコ オールド
品番/モデルEstudio
弦 長650mm
スペイン Spain 
製作年1967年
表 板杉単板 Ceder
裏 板ローズウッド単板 Indian rosewood
程 度※6
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品軽量ケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します


マルセロ・バルベロ 1世 Marcelo Barbero I
ホセ・ラミレス 3世 Jose Ramirez III
マヌエル・レジェス 1世 Manuel Reyes I
ホセ・ラミレス 3世 Jose Ramirez III
ダニエル・フレドリッシュ Daniel Friederich
アルカンヘル・フェルナンデス Arcangel Fernandez
アルカンヘル・フェルナンデス Arcangel Fernandez

※程度
10新作
9新品同様の美品
8年代から見て状態が良い
7年代から見て標準に近い状態
6状態は少し劣るが演奏性は良い
5状態は劣るが演奏上の問題は無い
4以下演奏性に問題がある楽器は、販売いたしません