ギターショップアウラ ギターカタログサイト

マヌエル・デ・ラ・チーカ  Manuel de la Chica  SOLD OUT



〔製作家情報〕
1911年スペイン、グラナダ生まれ。家具職人の仕事を1930年代の終わりまで続け、その後ギター製作を始める。ほぼ独学ながら家具製作で培った木工技術と楽器の知識を活かしサントス・エルナンデスのコピーモデルを製作。やがて独自のデザインでギターを製作するようになると好評を博し、レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサやセレドニオ・ロメロ、ホルヘ・アリサ等のギタリストたちにも愛用されるようになる。サントスをその製作の基盤としていることからも、彼は他のグラナダの製作家とは一線を画した独自の響きを追求した製作家として知られています。彼の楽器はやや硬質で適度な粘りを持ちながら、ストレスがなく抜けの良い音は、音楽的なニュアンスも不足なく、スパニッシュギターの最上の響きを備えたものとなっています。1973年に体調不良の為引退、1998年に亡くなりました。

〔楽器情報〕
表面板低音側端部分にひび割れ修理が有りますが、適切な修理が施され演奏には全く問題無い状態です。全体に弾き傷や摩擦跡等あり、特に表面板サウンドホールまわりは多数ありますが、年代考慮すると相応の事状態と言えます。塗装はオリジナルのセラック塗装。ネック、フレット、糸巻き、ナット、サドル等の演奏性に関わる部分も問題ございません。弦高は弾き易く低めの設定となっており、フラメンコとして適正な設定になっています。
クラシックモデル同様に非常に評価の高いデ・ラ・チーカのフラメンコモデル。鳴り、反応性、音のバランスと分離、響きのニュアンス等どれも素晴らしく、グラナダ製のフラメンコとして出色の一本です。
〔商品情報〕
楽器名マヌエル・デ・ラ・チーカ  Manuel de la Chica  SOLD OUT
カテゴリ輸入フラメンコ オールド
品番/モデル
弦 長665mm
スペイン Spain
製作年1966年
表 板スプルース単板 spruce
裏 板シープレス単板 cypress
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します