ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ヤマハ YAMAHA



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:ラッカー 
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦 3.5mm/6弦 3.8mm

[製作家情報]
総合楽器メーカーとして世界最大規模を誇り、楽器製作と音楽事業だけでも圧倒的なシェアを誇るヤマハ(1887年 静岡県 浜松市に創業)は、クラシックギターの普及にも早くから取り組んでいました。1960年代にクラシックギターの需要が世界的に高まりを見せ、国内でのクラシックギターの市場を活性化するべくヤマハは1966年にギター研究科を新設し手工ギターの研究開発に着手します。そして翌年には当時スペイン、グラナダのメンター的存在となっていた製作家のエドゥアルド・フェレールを招きスペイン伝統工法の指導を受け、更に1973年にはマヌエル・エルナンデス(エルナンデス・イ・アグアド)を招聘し技術指導を受けています。これらの集中研修の結果生まれたのがグランドコンサート(GC)シリーズで、これは現在に至るまでヤマハクラシックモデルのハイスペックシリーズとして内容を変えながら継続しています。

[楽器情報]
1965年製 GC-7 Used です。ヤマハが本格的にスパニッシュギターの工法をブランドコンセプトに採用する直前のもので、赤く着色された表面板などはラミレスの影響を感じさせるものの、音色的には1960年代の国産らしい素直で素朴な鳴り。ボディは軽く、レゾナンスはF#の少し下とやや低めの設定になっていることもあり、低音の太く渋めの響きがなかなか魅力的で、むしろ南米のギターに近い感触です。

全体に年代相応のキズや打痕、また塗装は湿度変化等によるウェザーチェック(ひび割れ)が入っていますが現状で使用には問題ありません。糸巻はGotoh 35G1600に交換履歴あり。指板1弦側は20フレットが増設されています。駒板のサドル装着部分は各弦ごとに切り込みを入れてサドルの下げ幅を確保するような加工が過去にされており、使用上は問題ありませんが、切り込みを入れた部分に塗装処置がされていないためやや目立ちます。ネック、フレットなど演奏性に関わる部分は現状で問題ありません。

〔商品情報〕
楽器名ヤマハ YAMAHA
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルGC-7 No.3365
弦 長660mm
日本 Japan
製作年1965年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※5
定 価時価
販売価格(税込)187,000 円
付属品ハードケース


下の写真をクリックすると拡大して表示します