ギターショップアウラ ギターカタログサイト

中出 輝明 Teruaki Nakade



〔製作家情報〕
1931年、製作家 中出阪蔵の長男として東京に生まれる。1946年より父の指導のもとギター製作を開始。1964年に渡西し、マドリードでエルナンデス・イ・アグアドに入門。ギター製作法をM.エルナンデスに学び、V.アグアドからギター塗装法を習得します。帰国後の1966年に中出阪蔵の工房より独立し、自身のブランドとして製作を開始。弟の敏彦氏同様に、このマドリッドの名工から受け取ったものはその後の彼の製作哲学に大きな影響を与え、意匠から音響までその方向性を決定づけることとなります。1969年には日本弦楽器製作者協会主催の音のテスト会で上位入賞。その後もアグアドをベースとしながらそこに独自の解釈を注ぎ込んだ良質なオリジナルモデルを製作し、長年にわたり製作を続けていましたが80歳を迎えたのを機に引退。生産数は限られたものであったため、現在は中古市場でも貴重なブランドとなっています。

〔楽器情報〕
中出輝明氏の上位モデル HA(エルナンデス・イ・アグアド)2006年製中古の入荷です。氏が製作するシリーズの中で唯一アグアドの名が冠されたモデルで、この名工へのリスペクトに溢れた実に気高いモデル。使用材は非常な良材がセレクトされており、特に横裏板の中南米ローズウッド材は美しい完全な柾目。良いギターの条件としてバランスの良さをなによりも筆頭に挙げる氏だけに、低音から高音まで柔らかめの太くしっかりとした音が均質に、そして力強くしっかりと鳴っており、また音色の表情の変化も多彩で繊細。

内部構造はサウンドホール真下に配された水平のハーモニックバーと、そのほぼ中心に近いところから高音側に斜めに伸びてゆくように配されたもう一本のバーが配置され、扇状力木は丁度センターに配された1本のほか高音側に2本、低音側に3本、それをハの字型のクロージングバーが受け止める配置で、アグアドの典型的な力木配置の一つ。レゾナンスはG#~Aに設定。キズはほとんどなく、年代考慮しても非常な美品といえる一本。糸巻きはGotoh製。Takabe製ハードケース付属。


〔商品情報〕
楽器名中出 輝明 Teruaki Nakade
カテゴリ国産クラシック オールド
品番/モデルHA 80号 アグアドモデル 
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2006年
表 板スプルース単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American rosewood
程 度※7+
定 価880,000 円
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します


中出 輝明 Teruaki Nakade
中出 阪蔵 Sakazo Nakade
廣瀬 達彦 Tatsuhiko Hirose
田崎 守男 Morio Tasaki

※程度
10新作
9新品、デッドストック品
8新品同様の美品
7年代から見て状態が良い
6年代相応で標準的な状態
5年代から見て標準に近い状態
4状態は少し劣るが演奏性は良い
3状態は劣るが演奏上の問題は無い
2少し難があり簡単な修理、調整が必要
1修理が必要