ギターショップアウラ ギターカタログサイト

加納 木魂 Kodama Kanoh  SOLD OUT



〔製作家情報〕
1939年名古屋生まれ。19歳より父加納木鳴氏のもとでギター製作を始め、1966年には独立して工房を立ち上げ、現在も現役で製作を続けているベテラン製作家です。マンドリン、リュート、19世紀ギター等も製作史それぞれそのクオリティの高さで人気ですが、特に近年では細かなニーズに応じたショートスケールのクラシックギター製作において高い評価を獲得、このジャンルの先駆者であり第一人者とされています。

〔特徴〕
受注製作のカスタムモデルで最上位機種となる200号 630mmスケールモデルです。工房ストックの最高級の中南米ローズ材をセレクトし、指板には緑檀を使用。スペイン的なオーソドックスな響きを志向しながらも、どこか慎ましい味わいがあり、豊かな鳴りも決して品を失わないところはこの製作家の特質でしょう。小さめのボディながらふっくらと艶やかに鳴り、反応も早く、そのため右手のタッチが楽に感じます。ショートスケール弦長での通常生じる音量の低下などのデメリットをほとんど感じさせないところは、氏の面目躍如といったところ。充実の一本です。仕様と音響ともども最上位モデルに相応しい出来栄え。内部構造は幅7mmほどの低く平たい扇状力木が左右対称に11本配置されています。レゾナンスはG~G#で設定されています。傷ほんの僅かで割れ等の修理履歴もありません。横裏板の塗装一部若干の白濁はありますが、全体の外観を損なうほどではありません。糸巻はライシェル。

 
〔商品情報〕
楽器名加納 木魂 Kodama Kanoh  SOLD OUT
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデル200号
弦 長630mm
日本 Japan
製作年2012年
表 板スプルース単板 Spruce
裏 板中南米ローズ単板 South American rosewood
程 度※7
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品軽量ケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します