ギターショップアウラ ギターカタログサイト

星野 良充  Yoshimitsu Hoshino



〔製作家情報〕
1942年札幌市生まれ。20才で中出阪蔵氏に師事しギター製作の道に入り、6年間の修行後、26才から2年間ヨーロッパにてフレタ、アグアド、ハウザー等の有名ギター工房を訪ね研鑽を重ねました。その後28才で東京に工房を開設。以来40年以上に亘って寡作ながら地道な製作活動を続けていましたが、現在は引退し、中古市場のみで入手可能の貴重なブランドとなっています。イヨラン・セルシェル、アリエル・アッセルボーン他、国内外の名手に愛奏されていることでも良く知られています。

〔楽器情報〕
氏の最上位機種にあたり、弾き易い貴重な635mmのショートスケールの楽器です。熟練と呼ぶにふさわしい非常に完成度の高い仕上がりで、音響含めこの製作家の中でも出色の出来と言える一本です。音色自体は渋く全体にとても落ち着いた印象を与えますが、音楽表現におけるその色彩感は実は多様なものを持っており、それがクラシック音楽との親和性を生み出しています。氏が傾倒してきた名工達の影響を如実に感じさせる力強い鳴りもまた、この楽器の非常な魅力と言えるでしょう。
レゾナンスはG~G#に設定。左右対称7本の扇状力木配置に胴底のハの字型のクロージングバー、駒下の位置にパッチ板を配した構造でハウザー1世を想起させるもの。

全体の意匠は地味ながらその工作は精緻極まりなく、その方面での腕の確かさも人気のゆえんであるといえます。表面板はセラック塗装、横裏板はカシュー仕上げとなっており、このブランドの標準仕様。傷は表面板に全体に細かいものが有りますが年代考慮すると相応の状態。割れなどの修理履歴はなく、ネック、フレット、糸巻き等の演奏性に関わる部分での問題もありません。糸巻きはゴトー。手工品でのショートスケールモデルをお探しの方にはぜひおすすめしたい1本です。

新品価格(税込):1,100,000円

〔商品情報〕
楽器名星野 良充  Yoshimitsu Hoshino
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデル100号 No.219
弦 長635mm
日本 Japan
製作年1999年
表 板スプルース単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American rosewood
程 度※7
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します