ギターショップアウラ ギターカタログサイト

中出 敏彦 Toshihiko Nakade(640mm)



〔製作家情報〕
1932年東京生まれ。ジャパンヴィンテージの筆頭格として河野賢と共に名の挙がる中出阪蔵(1906~1993)の次男。父の教えのもと16歳よりヴァイオリンとギターの製作を開始し、5年後にはギター製作に専心するようになります。1960年には自身の独立した工房を開設し、オリジナルラベルでの製作を開始。その後1968年にはスペインに渡り、マドリッドの製作家エルナンデス・イ・アグアドの工房に入門します。この名工からの影響が決定的となり、自身のその後の製作哲学を明確に方向づけられることとなります。外観的な意匠や楽器構造、音色的な特徴においてその影響は如実に表れており、そこに氏独自の個性を注ぎ込んだ楽器はその勇壮な鳴りと豊かな表情とで人気を博します。

80歳を越えた現在も邦人製作家の最長老として、限定的ながら製作を続けており、スペイン的なニュアンスを感じさせる国内ブランドの代表格としての地位を維持しています。近年は父阪蔵氏と並び、海外でも人気のブランド。同じギター製作家(現在は引退)の中出輝明氏は兄、中出幸雄氏は弟、また中出六太郎氏は叔父になります。

〔楽器情報〕
中出敏彦 Master 80 640mmスケールモデル2013年製の中古です。全体を包むようなふっくらとした、しかし芯のしっかりとした低音と派手過ぎず凛とした表情の高音とのバランスが素晴らしく、上位機種として不足のない完成度。640mmスケールなので手の小さめな方でも楽に押弦でき、弦の張も中庸なので右手もまた弾き易く感じます。ショートスケールであることによる音色・音量的なデメリットは全くなく、豊かな鳴りを十全に楽しめる一本。割れ等の修理履歴なく、全体に傷もわずかで年代相応の良好な状態と言えるでしょう。ネック、フレット等の演奏性に関わる部分も問題ございません。

内部構造はサウンドホール下の水平のハーモニックバーの下にもう一本斜めに配置されたバーがあり、その下に7本の扇状力木、ハの字型の2本のクロージングバー。サウンドホールの両脇にも各一本ずつの短い力木が配置されており、レゾナンスはG#~Aに設定。糸巻きはGotoh製。





〔商品情報〕
楽器名中出 敏彦 Toshihiko Nakade(640mm)
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルマスター80
弦 長640mm
日本 Japan
製作年2013年
表 板スプルース単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American rosewood
程 度※7+
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します