ギターショップアウラ ギターカタログサイト

桜井 正毅 Masaki Sakurai



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:カシュー
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦 3.2mm/6弦 4.1mm

〔製作家情報〕
1944年東京生まれ。1967年上智大学電気電子工学科卒業と同時に、河野ギター製作所に入社し研鑽を積みます。1988年には第4回パリ国際ギター製作コンクールで第1位を獲得しました。その時受賞したモデルと同デザインのものがPC(Paris Competition)モデルとして氏の現在のラインナップの中でも特に人気の一本となっています。

河野賢氏が1998年に亡くなった後は工房を引継ぎ、河野ギターを「桜井・河野」ラベルとして継承しながら、同時に自身のブランド桜井正毅としても精力的に現在も製作を続けています。工作精度が高く、良材を使用した美しい外観はこのブランドの特徴ですが、特に日本人の体格や好みにあった抜群の演奏性と安定感は海外でも絶大な人気を博し、師の河野同様に世界的な名声を獲得しています。

〔楽器情報〕
桜井正毅ブランドのMaestro-RF、PCに続くハイスペックモデル「Special」の2014年製、状態良好の中古が入荷致しました。
モデルラインナップ中でちょうどミドルクラスに位置付けられているということもあってか、音、演奏性、スペック等すべてにおいてこのブランドの特徴をほどよく円満に備えたモデルとなっています。

ふくよかで豊かな鳴り、フィット感の良いネックシェイプ(Dシェイプ)、そして奏者のタッチへの対応範囲が広い発音とそのレスポンスなど、あらゆるギターーユーザーにとっての絶妙の着地点となった演奏性のクオリティはこのモデルにも通底しており、ストレスのない弾き心地は初心者にもおすすめです。音はしかりと磨かれ、十分なサスティーンを備えており、またタッチよりもほんの少し早く音が立ち上がってくるような程よいアクセル感はやはり見事なもの。

内部構造はサウンドホール下側(ちょうど表面板のくびれ部分)に設置されたハーモニックバー(このバーはスキャロップド加工されておりさらに高音側と低音側とにそれぞれ3センチほどの開口部が設けられています)からボディボトムに向かってほぼまっすぐに、あまり角度をつけずに伸びてゆく5本の扇状力木が高音側に4本、低音側に1本配されており、それらとほぼ直角に交差する3本のバーがブリッジ位置付近に等間隔に、ちょうど表面板下部のふくらみ部分の範囲を覆うような形で配置。河野そして桜井ブランドの特徴となっているスクエアな力木配置がここでも適用されています。

現在の生産されている同モデルではこの交差する力木で枡目となったスペースに特定の位置ににだけ特徴的な木製のブロックが貼り付けられ、独自の音響特性を高める効果をあげていますが、本モデルはそれが採用される前の仕様となっています。レゾナンスはGの少し上に設定されています。

全体はカシューによる塗装。ネックはほぼ真っすぐで、フレットも適正な状態。指板は1~3Fでほんの若干摩耗していますが影響はありません。表面板下部とサウンドホール付近に細かな傷ありますが目を近づけて認識できるレベルで外観を損なうものではありません。裏板は衣服の摩擦あとなどが少々ありますがこちらもほとんど目立たたないレベル。割れなどの大きな修理履歴はありません。ブランド推奨の高級ハードケース付き。







〔商品情報〕
楽器名桜井 正毅 Masaki Sakurai
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルSpecial E0925A
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2014年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース


下の写真をクリックすると拡大して表示します