ギターショップアウラ ギターカタログサイト

桜井 正毅 Masaki Sakurai 



ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:カシュー
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦  3.4mm/6弦  4.2mm


〔製作家情報〕
1944年東京生まれ。1967年上智大学電気電子工学科卒業と同時に、河野ギター製作所に入社し研鑽を積みます。1988年には第4回パリ国際ギター製作コンクールで第1位を獲得しました。その時受賞したモデルと同デザインのものがPC(Paris Competition)モデルとして氏の現在のラインナップの中でも特に人気の一本となっています。
河野賢氏が1998年に亡くなった後は工房を引継ぎ、河野ギターを「桜井・河野」ラベルとして継承しながら、同時に自身のブランド桜井正毅としても精力的に現在も製作を続けています。工作精度が高く、良材を使用した美しい外観はこのブランドの特徴ですが、特に日本人の体格や好みにあった抜群の演奏性と安定感は海外でも絶大な人気を博し、師の河野同様に世界的な名声を獲得しています。


〔楽器情報〕
桜井正毅ブランドのラインナップの中ではConcert-Rと並び導入モデルとして位置づけられているものですが、使用材、工作の仕上げから音と演奏性に至るまでブランドのポリシーが行き届いたギター。豊かな鳴り、フィット感の良いネックシェイプ(Dシェイプ)、そして奏者のタッチへの対応範囲が広い発音など、あらゆるギターーユーザーにとっての絶妙の着地点となった演奏性のクオリティはやはり見事なもので、初心者から上級者にまで円満におすすめ出来るギターとなっています。

内部構造は横幅いっぱいに渡されたハーモニックバーがサウンドホール上側に1本、同じく下側に2本、さらにボトム部にも1本が配置されており、また表面板中央部分のみをコントロールするように短いバーも2本設置、そしてそれらとは垂直になるように、表面板の木目に沿って配置された計7本の力木、ブリッジの位置にはちょうど駒板と同じ幅の1枚のプレートが横幅いっぱいに渡って貼られています。力木とバーはそれぞれほぼ等間隔になるように配置されているため、全体としてほぼ碁盤の目になるような配置関係で、これは河野賢以来の基本パターンを踏襲していると言えます。レゾナンスはGの少し上に設定されています。

表面板の特にサウンドホール周辺を中心に弾き傷、打痕、スクラッチ痕はやや多めにありますが割れ等の大きな修理履歴はなく、ネック、フレット等の演奏性に関わる部分も問題ありません。





〔商品情報〕
楽器名桜井 正毅 Masaki Sakurai 
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルConcert-J B0527
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2006年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)198,000 円
付属品ハードケース黒


下の写真をクリックすると拡大して表示します