ギターショップアウラ ギターカタログサイト

桜井・河野 Sakurai Kohno



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:カシュー
糸 巻:ゴトー
弦 高:1弦 2.9mm/6弦 3.7mm

〔製作家情報〕
河野賢 1926年茨城県水戸に生まれる。
1948年3月東京高等工芸学校木材工芸科(現千葉大学建築科)卒業と同時にギター製作を開始。ギター製作に関しては独学で、最初に作った一本は中出阪蔵のギターを検分し作り上げたものだったようです(中出阪蔵との直接の交流はありません)が、楽器構造には最初期より様々な試みを行い、中にはかなり当時としてイノベイティブな発想のものもみられます。これらの研究と実践はやがて1960年代後半には表面板の木目に沿って水平と垂直の方向で組み合わされたスクエアを基礎とした力木配置として結実することになり、これは様々にバリエーションを変化させながら現在にまで至っています。

また1960年にはスペインに渡り、イグナシオ・フレタやアルカンヘル・フェルナンデスの工房を訪れ本場スペインギターに関する見識を深め、自身の製作に活かしてゆきます。そして1967年9月、ベルギーのリエージュ国際ギター製作コンクールで金メダル受賞し、国際的に名前が知られるきっかけとなります。同年に甥の桜井正毅が工房スタッフに加わり、1998年に河野氏が他界したあとは彼がこの工房を引き継ぎ、桜井/河野ブランドとしてモデルラインナップを継続しています。

日本における高級ギター製作のパイオニア的存在であり、当時も今も非常にファンの多い国内ブランドです。スペインギターのエッセンスを彼なりに独自に再構成し、日本人の演奏嗜好にフィットした音響と演奏性、良質な木材を使用した高級感のある全体に仕上がりは邦人製作家としてこれまでになかったような域に達し、日本という市場におけるギター需要を一気に集中させるほどの人気を誇りました。海外からも日本産ブランドの筆頭として現在も高い評価を得ています。


〔楽器情報〕
桜井・河野 モデルSpecial 2017年製 Used 良品が入荷致しました。桜井河野ラベルではMaestroについでハイスペックなモデルとなっており、品質、音、造作の精度と構造等このブランドの特徴が円満に備わった一本となっています。

適度に洗練が施された艶やかな音色で全体がまんべんなく統一され、やや太めの音がふっくらと、しかし早いレスポンスで立ち上がってくるその発音感覚はやはり心地よく、初心者の方でもほとんどストレスを感じないでしょう。明るい音色でくせがなく、どんな楽曲でもオールラウンドに楽しめます。

内部構造ではこのブランド独自のスクエアな(扇状配置ではない)配置を採用。高音側横板から低音側横板まで横幅いっぱいにわたって配置されるいわゆるバーと呼ばれる柱が計5本、サウンドホール上下とブリッジ部分そしてボトムに近いところと合わせて5本が設置され、またそのバーと直角に交わるようにして(つまり表面板の木目と平行になるように)計7本の長短の力木が表面板下半分にほぼ等間隔で配置されており、四角を基本形とした整然とした構造が志向されています。レゾナンスはG~G#に設定されています。河野賢のオリジナルの構造に多くをよりどころとしながら、桜井氏はここで自身のモデルにも採用している工夫を加え(バーと力木が交差し枡目となったエリアのうち一か所に、1辺が2~3センチほどの四角のパッチ板を張り付けています)、独自に音響効果を高めています。

製作から5年を経た楽器として、割れ等の大きな修理履歴はなく、それなりに弾きこまれた形跡がありますがほぼ年代相応のレベル、外観にもほとんど影響ありません。ネックは真っすぐを維持しており、フレットも適正な状態。ネック形状はDシェイプのノーマルな厚みに加工されており、握りやすい印象。弦の張りも中庸で、総合的にこのブランドならではの高い演奏性が達成されています。

〔商品情報〕
楽器名桜井・河野 Sakurai Kohno
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルModel Special  H0607A
弦 長650mm
日本
製作年2017年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)462,000 円
付属品ハードケース


下の写真をクリックすると拡大して表示します