ギターショップアウラ ギターカタログサイト

桜井・河野 Sakurai Kohno



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:カシュー
糸 巻:ゴトー
ナット、サドル:象牙
弦 高:1弦 3.0mm/6弦 4.0mm


〔製作家情報〕
1926年茨城県水戸に生まれる。
1948年3月東京高等工芸学校木材工芸科(現千葉大学建築科)卒業と同時にギター製作を開始。1960年5月スペインに渡りギター製作を学ぶ。1967年9月ベルギーに於ける国際ギターコンクールで金メダル受賞。
日本における高級ギター製作のパイオニア的存在であり、当時も今も非常にファンの多い国内ブランドです。高い工作精度による美しい外観、弾き易く常に安定感があり、また何よりも日本人の嗜好に音色と演奏性の両面で合致したギターは、海外からも国産ブランドの筆頭として高い評価を得ています。

1998年に亡くなった後は桜井正毅氏が工房を引継ぎ、河野ギターを「桜井・河野」ラベルとして継承しながら、同時に自身のブランド桜井正毅としても精力的に現在も製作を続けています。

〔楽器情報〕
桜井・河野ラベルによるモデル Special 2004年製の中古が入荷致しました。師である河野ブランドのコンセプトを踏襲しながら、より現代のギターマーケット需要に適応し、理論的にも更に高度に洗練させて構築したようなモデル。特に1980年代以降の河野ギターの特徴である、右手タッチのミートポイントの広さとストレスのない発音、そして広い指向性をもった豊かな音量は十全に継承され、物理的な弾き易さもあいまってあらゆるジャンルのプレイヤーにも対応できる演奏性を確立しています。

内部構造は河野賢が確立した構造理論をさらに推し進め、より複雑なものになっています。基本的に表面板の木目に対しほぼ平行の方向と直角に交わる方向とに設置された力木とバーとで成り立っており、全体的に四角形を基本とした幾何学模様的な配置ですが、若干高音側と低音側とで配置に変化を持たせてそれぞれの音響的特性を追求したものになっています。レゾナンスはGに設定されています。ペオネスは表板裏板とも蛇腹タイプのものを使用。

全体的に細かなスクラッチ傷、打痕、摩擦痕などありますが年代相応のレベルと言えます。ボディ内部の裏板とネックヒールとの接着部分に接着補修履歴があります。その他はフレット、ネック、糸巻き等演奏性に関わる部分での問題はなく全体的に良好な状態。塗装はオリジナルのカシュー仕様。糸巻きはゴトー製を装着しています。当時河野ブランド推奨の純正ハードケース付き。



〔商品情報〕
楽器名桜井・河野 Sakurai Kohno
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルSpecial
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2004年
表 板松単板 spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※7
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します