ギターショップアウラ ギターカタログサイト

清水 優一 Yuichi Shimizu



SOLD OUT
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:表板:セラックニス  /横裏板:セラックニス
糸 巻:SLOANE
弦 高:1弦 2.6mm/6弦 3.6mm

製作風景写真は、こちら

〔製作家情報〕                               
1980年東京都府中市生まれ。16歳の時に茶位幸信のギター製作教室に参加し、その後氏が校長を務めるフェルナンデスギター・エンジニアスクールに入学。 在学中に河野ギター製作所の桜井正毅に手紙を書き、これがきっかけとなり2000年に同製作所に入社、製作技法を学ぶと共にギターと音楽についての見識を深めていきました。 2013年の退社後すぐにその探究心の赴くままスペイン各地を廻り、ホセ・ルイス・ロマニリョス、マヌエル・カセレス、アントニオ・マリン・モンテロ、イグナシオ・フレタら名工たちの工房を訪れます。そして帰国後は禰寝孝次郎、尾野薫からのアドバイスや指導を受けながら、満を持して自身のラベルによる製作を開始。様々なジャンルの音楽と文化に対する知的好奇心、そして常に広く柔軟な視野を持ちながら、スペインギターの真髄に迫ろうとするその真摯な姿勢は一貫しており、彼の楽器はもはや端倪すべからざる高みに達していると言えます。現在は年間5本前後のペースで製作。 そのクラシカルで透徹した響きとじっくりと綿密に造り込まれた美しい仕上がりとで、こだわりを持つユーザーから高い評価を得ています。彼が河野ギター製作所時代に製作した作品をレゲエミュージック界の巨匠アール・チナ・スミスが長年愛用していることが国内のギターマガジン誌上で大きく取り上げられ、新たなファン層を拡大していることは記憶に新しい。2020年にはフランスCamino Verde社出版のOrfeo Magazine No.15 にインタビュー記事が掲載され、国内外での評価もさらに高まりを見せている若手の一人です。

オルフェオマガジン「日本の製作家」特集掲載号 オンラインショップ商品ページはこちら

オルフェオ取材同行記 栗山大輔、清水優一、禰寝碧海編はこちら


〔楽器情報〕                                  
清水優一製作 ロマニリョスモデル 90号 松・中南米ローズウッド仕様2022年 No.21 新作の入荷です。ハウザー1世モデルと並びこのブランドの定番となっているモデルで、造作と音響における極めて精緻な再現と、高い芸術性においてもはや国内トップレベルといっても差し支えない見事な一本に仕上がっています。

内部構造もオリジナルの構造に正確に準拠。サウンドホール上(ネック側)に2本、下側(ブリッジ側)に1本で計3本のハーモニックバーを配置、そしてそれらすべてのバーの高音側と低音側とに1か所ずつ4センチほどの開口部が設けられ、それらの開口部を垂直に交わるように(つまり表面板木目と同方向に)通過する形で高音側2本、低音側2本の力木がボディの肩部分からくびれ部分まで伸びるように平行に設置されています。そしてボディ下部(くびれより下の部分)は、左右対称7本の扇状力木に、センターの1本以外の6本の先端をボトム部で受け止めるちょうどハの字型に設置された2本のクロージングバー、ブリッジ位置には駒板と同じ大きさの薄いプレート板が貼られているという全体の構造。表面板と横板の接合部には大小のペオネス(三角形型の木製のブロック)を交互にきれいに設置してあります。これらの配置的特徴はホセ・ルイス・ロマニリョス著「Making a Spanish Guitar」の中ではPlan1として掲載されているものと同じもので、トーレス=ハウザー的スタイルをロマニリョスが再構築したものとしてスタンダード化している設計の一つ。難度の高いこの設計を清水氏は忠実になぞるとともに、楽器全体の構造的必然性になかにしっかりと着地させています。レゾナンスはF#の少し下と低めの設定になっています。

製作を重ねるごとに完成度を増してゆく緻密で審美センスに溢れた意匠、特にロゼッタやヘッドの象嵌などは特筆すべきもので、これだけでも形だけのレプリカではないことが見て取れる実に美しいもの。そして今作ではボディ全体にやや飴色のセラック塗装が施されており、外観のたたずまいはVintage風の落ち着いた味わい。

音はハウザー/トーレスを通過したオリジナルの美学をしっかりと踏襲。倍音が抑制され、その音像は発音からサスティーンそして減衰までのすべての瞬間で充実しており、これが演奏時には音楽の隅々まで表情の機微を行き渡らせるのに寄与しています。和音そしてアルペジオにおける各音の分離も申し分なく、ポリフォニックな音楽においては対位法が明確に弾き分けられます。さらには強弱の変化もタッチとのシンクロ率がとても高く、いくつもの音の重なりにおいても透徹さを失わない、その音響が素晴らしい。F#の下という低いレゾナンスゆえの心地よい重心感覚、中低音~低音の深みと迫力、高音の艶やかな音色、その全体の絶妙なバランスも申し分ありません。

現代的なコンサートギターが志向する機動力や豪快な迫力といったものとは異なり、むしろ反動的な音響志向と言えますが、これこそがロマニリョス本人が自身の楽器について語ったことを如実に受け継いでいると言えるでしょう。

ショートスケールも柔軟に対応する清水氏ですが今回はスタンダードな650mmスケール。ネックは程よいラウンド感に設定されたUシェイプタイプで厚みはノーマル。やや硬質な音色ですが弦のテンション感は中庸で左手は押さえやすい感触です。表面板の松、横裏板のマダガスカル・ローズウッドも良質な材を製作自らが厳選し、セラック塗装で美しく仕上げられています。

貴重な新作であり、そして氏の最高傑作といえる一本。ぜひお試しください。






〔商品情報〕
楽器名清水 優一 Yuichi Shimizu
カテゴリ国産クラシック 新作
品番/モデル90号 ロマニリョスモデル No.21
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2022年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※10
定 価990,000 円
販売価格(税込)940,500 円
付属品ケース別売


下の写真をクリックすると拡大して表示します