ギターショップアウラ ギターカタログサイト

清水 優一 Yuichi Shimizu



SOLD OUT
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラック
糸 巻:スローン
弦 高:1弦:2.6mm/6弦:3.6mm

〔製作家情報〕
1980年東京都府中市生まれ。16歳の時に茶位幸信のギター製作教室に参加し、その後氏が校長を務めるフェルナンデスギター・エンジニアスクールに入学。 在学中に河野ギター製作所の桜井正毅に手紙を書き、これがきっかけとなり2000年に同製作所に入社、製作技法を学ぶと共にギターと音楽についての見識を深めていきました。 2013年の退社後すぐにその探究心の赴くままスペイン各地を廻り、ホセ・ルイス・ロマニリョス、マヌエル・カセレス、アントニオ・マリン・モンテロ、イグナシオ・フレタら名工たちの工房を訪れます。そして帰国後は禰寝孝次郎、尾野薫からのアドバイスや指導を受けながら、満を持して自身のラベルによる製作を開始。様々なジャンルの音楽と文化に対する知的好奇心、そして常に広く柔軟な視野を持ちながら、スペインギターの真髄に迫ろうとするその真摯な姿勢は一貫しており、彼の楽器はもはや端倪すべからざる高みに達していると言えます。現在は年間5本前後のペースで製作。 そのクラシカルで透徹した響きとじっくりと綿密に造り込まれた美しい仕上がりとで、こだわりを持つユーザーから高い評価を得ています。彼が河野ギター製作所時代に製作した作品をレゲエミュージック界の巨匠アール・チナ・スミスが長年愛用していることが国内のギターマガジン誌上で大きく取り上げられ、新たなファン層を拡大していることは記憶に新しい。2020年にはフランスCamino Verde社出版のOrfeo Magazine No.15 にインタビュー記事が掲載され、国内外での評価もさらに高まりを見せている若手の一人です。


〔楽器情報〕
清水優一 製作ハウザー1世モデル 2021年新作です。
彼がこのモデルをラインナップに加えてからまだほんの数本目ですが、ギターとしての基本的なクオリティの高さに加え、その音楽的表現力の深さと音色の個性において、現在の彼の到達点を示す素晴らしいハウザーモデルとなっています。内部構造はハウザー1世1937年製のセゴビアモデルに準拠して、左右対称の7本の扇状力木に胴底のハの字型のクロージングバー、そして駒下位置にちょうど駒板の大きさに沿うように貼られたプレートという配置。オリジナルを尊重しながら、力木の高さや傾斜などは新作ごとに変化させ、その時に応じてあるべき音が製作家なりに追及されています。レゾナンスはGの僅かに上に設定。

和音と単音、高音と低音との対比におけるオリジナルハウザーが持つあのポリフォニックな立体感をしっかりと感じさせ、またレスポンス、音量も申し分ありません。音色はやはりハウザーらしい艶と密度を持っており、クラシカルな気品漂う1本に仕上がっています。セラックの美しい仕上げと造作の精緻さはロマニリョスモデルと同様に大変に高度で、工芸品としてのクオリティもまた特筆したいモデル。



〔商品情報〕
楽器名清水 優一 Yuichi Shimizu
カテゴリ国産クラシック 新作
品番/モデル80号 ハウザー1世モデルNo.17
弦 長645mm
日本 Japan
製作年2021年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※10
定 価880,000 円
販売価格(税込)836,000 円
付属品


下の写真をクリックすると拡大して表示します