ギターショップアウラ ギターカタログサイト

栗山 大輔 Daisuke Kuriyama



〔製作家情報〕
1981年生まれ。東京造形大学在学中に独学でギター製作を始めます。卒業後の2003年大手楽器店に入社し修理部門として10年以上従事し、そこで多くの国内外の名器を実地に研究する機会を得たことが、現在の彼の類まれなバランス感覚に支えられた音色への感性を育んだと言えます。在籍中に尾野薫を紹介され、2010年より氏の工房にて直接指導を受けるようになります。その後独立し年間6~8本程のペースで極めて精緻な造作による上質なギターを製作。トーレス、エステソ、バルベロ1世等のスペインの伝統工法に立脚した彼の楽器はどれも古き良きスパニッシュギターの味わいと響きが素直に体現されており、現在多くのジャンルのユーザーに愛されるブランドとなっている。2020年にはフランスの出版社Camino Verde刊 Orfeo Magazine No.15で彼のインタビューと楽器が紹介されました。

オルフェオマガジン「日本の製作家」特集掲載号 オンラインショップ商品ページはこちら

オルフェオ取材同行記 栗山大輔、清水優一、禰寝碧海編はこちら


〔楽器情報〕
1954年製のマルセロ・バルベロ1世のギターを製作家自身が仔細に検分し、ほぼ完全にレプリカしたモデル。スペインの伝統的な響きに並々ならぬ傾倒を見せる氏にとって、このマヌエル・ラミレスからアルカンヘル・フェルナンデスをつなぐ製作家はやはり特別なものがあるようです。基音と倍音とのバランスが素晴らしく、凛とした響きに中に絶妙にふくよかな感触が生まれ、単音はあくまでクリアに、和音では豊かな拡がりが聞かれます。全体的に雑味のない極めて上品なクラシックギターに仕上っています。隅々まで繊細な手が行き渡った外観は美しく、審美的なセンスの良さも溢れた1本。

内部構造は7本の扇状力木配置ですが、ほぼ平行に近い角度で配置されており、一番外側のものは他のものの半分ほどの長さで加工されています。駒の位置にはパッチ板があてられており、ボトム部のクロージングバーは配置されていません。レゾナンスはGの下に設定。糸巻きはゴトー510シリーズを装着。





〔商品情報〕
楽器名栗山 大輔 Daisuke Kuriyama
カテゴリ国産クラシック 新作
品番/モデル80号 バルベロ1世モデル  No.72
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2020年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※10
定 価880,000 円
販売価格(税込)836,000 円
付属品ケース別売


下の写真をクリックすると拡大して表示します