ギターショップアウラ ギターカタログサイト

禰寝 碧海  Marin Nejime



〔製作家情報〕
禰寝碧海(ねじめまりん)1986年生まれ。アルベルト・ネジメ・オーノの名称でギター製作を行っている禰寝孝次郎氏の息子。父、孝次郎氏の影響下のもと幼少より音楽と工作に興味を持ち、2009年自由学園を卒業後本格的にギター製作の道を進むことを決意。何度かの訪西の後、2012年9月には長期間グラナダに滞在し、父の師匠でもある名工アントニオ・マリン・モンテロに師事。スペインの伝統工法に立脚した製作法で、そこに瑞々しく個性的な音響的特性を盛り込んだ彼の楽器は、実に新鮮な感覚にあふれたものであり、1本として同じものがない。また造作と塗装の精度の高さと美しい仕上がりも父と師匠とに劣らぬ素晴らしいもので、外観のこの上ない気品にそれが見て取れる。海外でも高い評価を得ており、2017年にはグラナダの国際ギターフェスティバルの製作コンクールで入賞している。

〔楽器情報〕
2017年スペイン、グラナダで開催された製作コンクール出品モデルです。父考次郎とともに、ギター製作における禰寝碧海の最大のメンターであるアントニオ・マリン・モンテロの名を冠したこのコンクールにて、師への最大の経緯と自身の挑戦を盛り込んだ出品楽器は、コンクール当時大きな話題となりました。師の楽器を彷彿とさせるグラナダ的な明朗さと、どっしりと粘りを持ちながらくっきりと抜けてゆく音響はブーシェ的ニュアンスを感じさせますが、音には常に凛としたたたずまいがあり、迫力と上品さを兼ね備えた見事な一本となっています。

演奏性においても秀逸で、ネックはやや薄めで弦の張りも中庸なので左手における演奏時のストレスが少なく、各弦の分離と撥弦の際のレスポンスの速さから、右手もまた楽に弾けるニュアンスがあります。

内部構造はブーシェをベースとし、5本の左右対称の扇状力木と駒下のトラヴェルスバーのという基本設計に、駒下にやや寄った位置にハの字型のクロージングバー配置するという構造。レゾナンスはG#~Aで設定されています。糸巻きはスローン製。1弦20フレット仕様。




〔商品情報〕
楽器名禰寝 碧海  Marin Nejime
カテゴリウクレレ
品番/モデルネジメ・マリン 80号 グラナダコンペティションモデル
弦 長650
日本 Japan
製作年2020年
表 板
裏 板中南米ローズ
程 度※10
定 価880,000 円
販売価格(税込)836,000 円
付属品ケース別売


下の写真をクリックすると拡大して表示します


禰寝 碧海  Marin Nejime

※程度
10新作
9新品、デッドストック品
8新品同様の美品
7年代から見て状態が良い
6年代相応で標準的な状態
5年代から見て標準に近い状態
4状態は少し劣るが演奏性は良い
3状態は劣るが演奏上の問題は無い
2少し難があり簡単な修理、調整が必要
1修理が必要