ギターショップアウラ ギターカタログサイト

アルベルト・ネジメ・オーノ Alberto Nejime Ohno



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラックニス
糸 巻:フステーロ
弦 高:1弦  3.6mm/6弦  4.5mm

〔製作家情報〕
1952年生まれ。1979年にスペインに留学し、グラナダの名工アントニオ・マリンにギター製作を師事。2年に及ぶその期間中彼はほとんど家族の一員のようにして製作を共にし、単に技法の習得だけではなくその土地の文化風土や人間性をも吸収しながらスペインの伝統工法を学んでいます。帰国後に発表した彼の楽器は、感性的な領域にまで深くスペインのニュアンスを染み込ませた逸品として、国内では初めての本格的なスパニッシュギターと評価されるようになります。1988年にはチェコスロバキア・クツナホラ国際ギター製作コンクールにてグランプリを受賞し、国際的にもその実力は高く評価されるようになります。他の追従を許さぬ美しく気品のある外観の仕上がりと、重厚かつ濃密で艶やかな音色と十分な遠達性を備えた作風は近年益々円熟味を加え、師のアントニオ・マリン同様にマニア垂涎の楽器として、現在その評価は不動のものとなっています。また製作と同時に後進の指導や執筆活動にも尽力し、 第一回アマチュアギター製作コンテスト審査員、スペインにて第7回コリアギター講習会参加、ギター製作家in八郷審査員をつとめるなどのほか、雑誌<現代ギター>に「君もギタービルダー」を連載、愛好家からの大きな反響を得て「スペイン式クラシックギター製作法」として書籍化されています。2020年にはフランスの出版社Camino Verde刊 Orfeo Magazine No.15で彼のインタビューと楽器が紹介されました。

〔楽器情報〕
アルベルト・ネジメ・オーノ(禰寝孝次郎)製作 90号 アウラオリジナルモデル新作です。
伝統的なスタイルに立脚しながらも、極めて個性的な音響で、異様な迫力と美しさとを備えたギターに仕上がっています。

内部構造はサウンドホール上下(ネック側とブリッジ側)にそれぞれ一本ずつのハーモニックバーが設置され、ボディ下部は7本の左右対称の扇状力木で、センターと両端の合わせて3本はボトム部まで伸びており、その間の2本ずつの力木はブリッジ近くに設置されたクロージングバーのところで止まっています。特徴的なのはこれらのバーと力木それ自体の大きさで、バーは厚さ1cm高さ2センチ強という屈強なもので、力木も幅1cmほどで高さもあるやはり強固なものが設置されています。レゾナンスはA~A#と高めの設定。

これらの堅牢な構造に支えられた表面板は逆にやや薄めに加工されており、奏者は強靭な、そしてしかるべき繊細なタッチを求められますが、それによって発される音は特異なまでに濃密さと艶と力強い表情を備えており、このような音響を達成した製作家は国内では彼一人だけなのではないだろうかと思わせるほど。これは軽いタッチでもオートマティックに音が増幅されるモダンギターの傾向(そして現代のコンサートギタリストの演奏法の傾向)とは
明らかに異なるものの、一貫してあるべき音響を模索してきた禰寝氏の揺るがぬ製作美学によるものなのでしょう。稀有な作家性が見事に刻印された一本となっています。

全体はこれもまた美しいセラックによる艶やかな仕上げで、茶を基調としたロゼッタをはじめシンプルなルックスとよく調和しています。糸巻は現在では貴重なスペイン製Fusteroを装着。また近作ではブビンガやマレーシアンブラックウッドなどExoticな材も積極的に使用してきた氏は本作で渋いオヴァンコール材を使用。ボディ全体は重量があり、やや大きめのサイズ感ですがネックはDシェイプのフラットに加工されたノーマルな握り心地で、弦の張りも中庸です。


〔商品情報〕
楽器名アルベルト・ネジメ・オーノ Alberto Nejime Ohno
カテゴリ国産クラシック 新作
品番/モデル90号 アウラオリジナルモデル
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2022年
表 板松単板 Spruce
裏 板オバンコール単板 Ovangkol
程 度※10
定 価990,000 円
販売価格(税込)940,500 円
付属品ケース別売


下の写真をクリックすると拡大して表示します