ギターショップアウラ ギターカタログサイト

田邊 雅啓 Masahiro Tanabe



SOLD OUT
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラック
糸 巻:スローン


〔製作家情報〕
1974年群馬県生まれ。幼少の頃より音楽と工作に深い興味を持ち続け、20歳の時にクラシックギターの製作を志す。 法政大学卒業と同時に石井栄に師事して製作技法を学び、同工房にて自作品として140本近くを製作。 その後2001年に渡欧して各地の弦楽器工房を訪問すると共に、ホセ・ルイス・ロマニリョスのマスタークラスに参加し、 スペインギターの伝統的な製作方法に触れたことで自らの方向性を確信する。 帰国後に栃木県足利市に独立して工房を構え、マスタークラスで出会った尾野薫にアドバイスを受けながら製作研究に一年余を費やし、 2002年にその後の彼のメインモデルの一つとなるロマニリョスモデルを発表。 その後2004年に再度渡西した折には、同地の名工達の工房を訪ね更に見識を深め、特にアルカンヘルからは助言と共にその製作姿勢に多大な影響を受けている。 師の教えを実直に守り、ひたすらに良い音を求めるその製作態度を貫き、年間わずか5~7本前後と製作本数が限られるため、現在新作が最も待ち望まれる製作家の一人である。 どんな細部も揺るがせにしない緻密で繊細な手と、持って生まれたしなやかな感性で製作された彼の楽器は、 伝統に深く立脚しながらも新たな音響のニュアンスを感じさせる作品として高く評価され、2018年にはNHKの人気番組で工房での製作風景が放映された他、 新聞や海外のギター専門誌からの取材オファーを受けるなどメディアからも注目されている。2020年にはフランスの出版社Camino Verde刊 Orfeo Magazine No.15で彼のインタビューと楽器が紹介されました。

〔楽器情報〕
田邊雅啓 ホセ・ロマニリョスモデル 2018年製作の中古が入荷致しました。
内部構造はサウンドホール上下のハーモニックバーを垂直に貫くようにサウンドホール左右両側それぞれ2本の力木が平行に配され、扇状力木は左右対称に7本を配置、それを胴底部分でハの字型に受け止めるクロージングバーに駒板の丁度真下の位置にはパッチ板が貼られているという配置で、ホセ・ルイス・ロマニリョス著「Making a Spanish Guitar」の中ではPlan1として掲載されているものと同じ。オリジナルを忠実に規範としています。レゾナンスはF#の少し上に設定されています。重心の低い、堂々とそして凛とした低音の響き、しっかりと内声を浮き立たせる中低音、透明でやはり凛とした美しい高音それぞれのバランスが生み出す音響が大変に魅力的で、ロマニリョスにつつましく華やかな表情を加味したかのような田邊氏ならではの味わいが素晴らしい一本です。鳴りの豊かさ、ストレスのない発音も心地よく、弦の張りも中庸なので両手共に余計な力を入れずに弾ける感覚があります。ネックシェイプは通常の厚みで加工されたDシェイプ。

表面板の特にサウンドホール周辺に長めやや深いスクラッチ傷、またネック裏も演奏時の親指のスクラッチ痕が多くあります。横裏板は演奏時の衣服の摩擦傷が若干あります。割れ等の修理履歴はなく、ネック、フレット、糸巻き等の演奏性に関わる部分での問題もございません。


〔商品情報〕
楽器名田邊 雅啓 Masahiro Tanabe
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデルロマニリョスモデル
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2018年
表 板松単板 Spruce
裏 板ローズウッド単板 Indian Rosewood
程 度※5
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品軽量ケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します