ギターショップアウラ ギターカタログサイト

尾野 薫 Kaoru Ono



New Arrival
ネック:セドロ
指 板:エボニー
塗 装:セラックニス
糸 巻:フステーロ
弦 高:1弦 2.8mm/6弦 4.0mm

[製作家情報]
1953年生まれ。中学生の頃からギターを弾き始め、大学の木材工芸科在学中その知識を活かして趣味でギター製作を開始。1980年にグラナダの巨匠アントニオ・マリンの弟子であるアルベルト・ネジメ・オーノ(禰寝孝次郎)氏にスペインの伝統的な工法を学び、本格的なギター製作の道を進むことになります。その後も伝統的な製作技法にこだわり、2001年にはスペインで名工ホセ・ルイス・ロマニリョスが主宰する製作講習会にも参加。またアントニオ・マリンからも製作技術についての指導を受け、さらには来日したアルカンヘル・フェルナンデスにも製作上の貴重なアドヴァイスと激励を受けています。

尾野氏の特徴は何といってもその独自の科学的な考察に基づいた極めて理論的なスペイン伝統工法の解析と自身の楽器製作における実践であり、楽器個体それぞれの最良の鳴りを追求した結果のその透徹した見事な音響バランス、そして雑味の無い透明な美しい響きにあります。そして音響だけでなく細部にまで行き渡った精緻な造作と繊細な塗装による外観の気品はやはり比類なく、トータルクオリティにおいて現在国内最高峰と言える完成度をもった楽器を製作しています。年間製作本数は約10本程。2020年にはフランスの出版社Camino Verde刊 Orfeo Magazine No.15で彼のインタビューと楽器が紹介されました。



オルフェオマガジン「日本の製作家」特集掲載号 オンラインショップ商品ページはこちら


オルフェオ取材同行記 尾野薫編はこちら


〔特徴〕
尾野薫 製作の80号ロマニリョスモデル、2002年製 状態良好のUsedが入荷致しました。
ハウザー、ブーシェなどのレプリカモデルと並び、現在でも氏のラインナップの中では特に人気の高いモデルです。製作家が40代の頃の作ですが、既に音響における製作哲学の素地はしっかりと形成されており、同時代の邦人製作家の中でも際立った完成度を今も感じることができます。ロマニリョスが自らの楽器について反動的だといみじくも述べたのと同様に、尾野氏はこのレプリカモデルにおいて徹底的に雑味を排した、透徹した響きを志向しています。余分な倍音成分を抑制した単音はしかし十分なニュアンスをもち、和音においてもあくまでクリアでいながら拡がりを感じさせる音響設定は見事。

内部構造はサウンドホール上下に計3本のハーモニックバーを設置し(それぞれのバーは高音側と低音側とに4㎝程の開口部が設けられています)それらを垂直に貫くようにサウンドホール左右両側それぞれ2本の力木が平行に配されています。ボディくびれ部より下側の扇状力木は左右対称に計7本を設置、それらの先端をボトム部分で受け止めるハの字型に配置された2本のクロージングバー、駒板位置にパッチ板を貼った全体の構造で、ホセ・ルイス・ロマニリョス著「Making a Spanish Guitar」の中ではPlan1として掲載されているものと同じ。オリジナルを忠実に規範としています。レゾナンスはF#の少し下に設定されています。ボディシェイプ等の基本デザインもオリジナルに準拠していますが、ロゼッタなどの意匠的な細部は尾野氏のオリジナル。

表面板高音側の指板脇からブリッジにかけて弾き傷、またブリッジ回りもやや傷が多く見られます。裏板は衣服による摩擦跡等が見られますが割れ等の修理履歴は無く、20年を経た楽器としては良好な状態と言えます。表面板は杢の入った松材、裏板はセンターにバーズアイメイプルをあしらった3ピース仕様でロマニリョスモデルに相応しい威容を備えた外観。ネック、フレットの状態も良好。ネックシェイプは普通の厚みのDシェイプタイプ。糸巻きはフステーロ製を装着。

〔商品情報〕
楽器名尾野 薫 Kaoru Ono
カテゴリ国産クラシック 中古
品番/モデル80号 ロマニリョスモデル No.139
弦 長650mm
日本 Japan
製作年2002年
表 板松単板 Spruce
裏 板ローズウッド単板 Indian Rosewood
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品アランフェスケース 


下の写真をクリックすると拡大して表示します