ギターショップアウラ ギターカタログサイト

カズオ・サトー Kazuo Sato



〔製作家情報〕
1946年東京生まれ。1965年から故野辺邦治氏に師事してギター製作の技術を習得。その後イギリスに渡り、1971年より同国当代随一の名工デビッド・ホセ・ルビオの工房でリュートとギター製作の研鑽をつむようになります。この時期彼はルビオラベルの工房品の製作も任されるようになり、KSのスタンプを許されます。1974年にベルギーのブラッセルの郊外に居を移し独立工房を起ち上げます。1976年にはドイツのザールルイへ工房を移し製作を継続、現在に到っています。独立後の1970年代から1990年代はルビオ的な要素を基盤としたオーソドックスな良品を製作していましたが、2000年前後からモダンギターの要素を彼なりに咀嚼した新しいタイプのモデルを製作し始め、飛躍的に音量を増したそのギターはおもにコンサートギタリストから広い支持を集めています。

〔楽器情報〕
カズオ・サトーの最上位機種。文字通り同工房の最高の材料を使用し、丁寧なセラックでの仕上げが施されています。表面板は薄く加工され、レゾナンスはE~Fとかなり低く設定。重心が低く、たっぷりとした響きで音色は乾いており、そのせいかどこか南米の楽器を思わせるニュアンスがあります。反応が早く、音量も非常に大きいので右手のストレスはほとんどありません。表面板の力木構造はラディアル構造を基本とした配置が採用され、モダンギターへの傾向が垣間見える仕様となっています。
表面板を中心に全体に傷は有りますが、割れ等の修理履歴なく塗装含めオリジナルの状態を維持しています。
ネック状態良好で弦高も弾き易く調整されています。

〔商品情報〕
楽器名カズオ・サトー Kazuo Sato
カテゴリ輸入クラシック 中古
品番/モデルプレスティージ Prestige
弦 長650mm
ドイツ Germany
製作年2006年
表 板スプルース単板 spruce
裏 板中南米ローズ単板 South American rosewood
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します


ポール・フィッシャー Paul Fischer
パコ・サンチャゴ・マリン  Paco Santiago Marin
アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
ヘルマン・ハウザー3世 Herman Hauser III
ヘルマン・ハウザー3世 Herman Hauser III
ヘルマン・ハウザー3世 Herman Hauser III
カズオ・サトー Kazuo Sato
パウリーノ・ベルナベ  Paulino Bernabe
ルーカス・マルティン Lucas Martin
グスタボ・アリアス Gustavo Arias
ジョン・レイ  John Ray
サイモン・マーティー Simon Marty 
ヘルマン・ハウザーIII世 Herman Hauser III
ホセ・ラミレス Jose Ramirez 2E
クリストファー・ディーン Christopher Dean
パウリーノ・ベルナベ  Paulino Bernabe
フランツ・ブッチャー Franz Butsher
グレッグ・スモールマン&サンズ Greg Smallman & Sons  SOLD OUT
パウリーノ・ベルナベ  Paulino Bernabe
アントニオ・ラジャ・パルド Antonio Raya Pardo SOLD OUT
杉山 重光 Shigemitsu Sugiyama
ブライアン・コーエン  Brian Cohen
パコ・サンチャゴ・マリン  Paco Santiago Marin
マヌエル・カセレス Manuel Caceres
ジョン・レイ John Ray
ケヴィン・アラム Kevin Aram
カシミーロ・ロサーノ Casimiro Lozano HOLD
ブライアン・コーエン  Brian Cohen
マイケル・ジー Michael Gee

※程度
10新作
9新品、デッドストック品
8新品同様の美品
7年代から見て状態が良い
6年代相応で標準的な状態
5年代から見て標準に近い状態
4状態は少し劣るが演奏性は良い
3状態は劣るが演奏上の問題は無い
2少し難があり簡単な修理、調整が必要
1修理が必要