ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ヘルマン・ハウザー3世 Hermann Hauser Ⅲ



New Arrival
ネック:マホガニー
指 板:エボニー
塗 装:ラッカー
糸 巻:ライシェル
弦 高:1弦 3.2mm/6弦 4.0mm

〔製作家情報〕
20世紀ドイツ最高のギターブランドであり、現在も4代目がその伝統を継承し製作を続けている老舗。ヘルマン・ハウザーI世(1884-1952)が、ミゲル・リョベートが所有していたアントニオ・トーレスとアンドレス・セゴビア所有のマヌエル・ラミレスをベースにして自身のギターを改良し、後に「セゴビアモデル」と呼ばれることになる「究極の」名モデルを製作した事は良く知られています。それはトーレスがギターの改革を行って以降の最大のギター製作史における事件となり、その後のギター演奏と製作との両方に大きな影響を与えることになります。1世が成し遂げた技術的な偉業は2世(1911-1988)、更に1958年生まれの3世に受け継がれ、それぞれが独特の個性を放ちつつ、このブランドならではの音色と驚異的な造作精度を維持したギターづくりを現在も続けています。1世はいまやトーレスと並ぶほどの高値がオークションではつけられ、1世のニュアンスにドイツ的な要素を加味した2世の作品もまたヴィンテージギター市場では高額で取引されています。3世はますますその工作精度に磨きをかけながら、長女のカトリン・ハウザーとともに現在も旺盛に製作を続けています。

〔楽器情報〕
ドイツ、ライスバッハの地に工房を構えるヘルマン・ハウザー3世(1958~)製作の「セゴビア」モデル、1990年製 No.260が入荷いたしました。1980年代の初頭より本格的にハウザーブランドとしての製作を開始した彼にとって、師である父亡き後、自らの志向を確認し再出発を始めた時期の作と言えます。この時期の特徴としては軽めなボディと明朗でスペイン的な発音とがあり、これは1世のキャラクターとも通底するもので、1990年代後半以降ドイツ的な傾向を深めてゆくものとは対照的な魅力に溢れたものとして、1世と2世の音色を好むギターファンからも人気を集めています。

1世が開発したセゴビアモデルをベースにしながら、ここでは3世独自の(おそらくは2世からの影響も受けての)力木構造における試みが為されています。サウンドホール上下に1本ずつのハーモニックバーを配置し、左右対称7本の扇状力木と駒板位置には同じ幅の薄いプレートが貼り付けられているという全体の構造。サウンドホール下側のハーモニックバーはちょうど真ん中(サウンドホール真下の部分)で低音側高音側ともにほんのわずかにボディ上部に向かって同じ角度で屈折しており、これは2世後期のギターにも見られた特徴。ハーモニックバーは上下とも低音側と高音側とに高さ1mmほどの低い開口部が設けられ、ボディ上部の振動に柔軟性を付与しています。また通常のセゴビアモデルでは設置されている2本のクロージングバー(ボトム部で扇状力木の先端を受けとめるようにハの字型に配置される)がなく、扇状力木がボトム近くまで伸びています。レゾナンスもハウザーとしては低めのF~F#に設定されています。

3世初期にカテゴライズされるギターですが、その造作精度の高さは最初期から見事に確立されていた3世だけに、この1990年製での完成度の高さもすでに素晴らしいものがあります。低いレゾナンス設定ゆえのどっしりとした重心感覚を備えており、太い低音からきりっとしたシャープな高音へと繋がってゆくバランス感はこの時期の3世ならでは。またやはりスペイン的でロマンティックなニュアンスを豊富に含んだ音色も大変に魅力的で、現在の透徹極まりない、ある種の厳しさをまとった響きとは異なり、温かみと柔和さをさえ感じさせるものになっています。さらには軽めのボディならではヴィヴィッドな発音も心地よく、ソフトなタッチでも十全に鳴り、音量のダイナミクスもよりタッチにシンクロする感覚があります。またネックはDシェイプの薄めの加工でとても握りやすく、弦の張りも中庸で弾き易い感触です。

十分に弾き込まれてきたため全体に浅く細かな弾き傷、一部塗装ムラ等(特にサウンドホール周りやブリッジ下、裏板に衣服の摩擦あとなど)はありますが、割れ等の大きな修理履歴はなく、年代考慮すると良好な状態。演奏性に関わる部分ではフレットで1~7Fで若干の摩耗ありますが現状で音に影響なく継続しての使用に問題ありません。ネックは真っすぐを維持しており、糸巻きはオリジナルのライシェル製を装着、こちらも機能上の問題はありません。ラッカーでの塗装含めオリジナル仕様での状態です。ハウザー初期、出色の一本です、ぜひお試しください。





〔商品情報〕
楽器名ヘルマン・ハウザー3世 Hermann Hauser Ⅲ
カテゴリ輸入クラシック 中古
品番/モデルセゴビアモデル model Segovia No.260
弦 長647mm
ドイツ Germany
製作年1990年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド単板 South American Rosewood
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)1,980,000 円
付属品ハードケース黒


下の写真をクリックすると拡大して表示します


コルヤ・パンヒューゼン  Kolya Panhuyzen
ヘルマン・ハウザー3世 Hermann Hauser Ⅲ
ヘルマン・ハウザー3世 Hermann Hauser Ⅲ
セルヒオ・ペレス Sergio Perez
ティノ・バティストン Tino Battiston
マヌエル・カセレス Manuel Caceres
デビッド・ホワイトマン David Whiteman
ルベン・モイセス・ロペス Ruben Moises Lopez
ラファウ・トゥルコウィアック Rafal Turkowiak
サイモン・アンブリッジ Simon Ambridge
アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
ホセ・ラミレス Jose Ramirez
ホアキン・ガルシア Joaquin Garcia
アントニウス・ミューラー Antonius Muller
マヌエル・アダリッド Manuel Adalid
カルロス・ホアン・ブスキエール Carlos Juan Busquiel
ポール・フィッシャー Paul Fischer
エリック・サーリン Eric Sahlin
ケヴィン・アラム Kevin Aram
ホアン・エルナンデス Juan Hernandez
ゴメス・デ・ギジェン Gomez de Guillen
ホアン・アルバレス  Juan Alvarez
ジャン・ピエール・マゼ Jean Pierre Maze
ホセ・ルイス・ロマニリョス 1世 J. L. Romanillos Ⅰ
アンヘル・ベニート・アグアド  Angel Benito Aguado
ケヴィン・アラム Kevin Aram
ジョン・レイ John Ray
ホセ・ラミレス Jose Ramirez
ルカ・ワルドナー Luca Waldner
グレッグ・スモールマン&サンズ Greg Smallman & Sons
杉山 重光 Shigemitsu Sugiyama
マヌエル・カセレス Manuel Caceres

※程度
10新作
9新品同様の美品
8年代から見て状態が良い
7年代から見て標準に近い状態
6状態は少し劣るが演奏性は良い
5状態は劣るが演奏上の問題は無い
4以下演奏性に問題がある楽器は、販売いたしません