ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ショーン・ハンコック Sean Hancock



SOLD OUT
[製作家情報]
1981年クイーンズランド(オーストラリア)生まれ。デンマークの木材加工業の血筋を引く父キム・ハンコックから11歳の時より製作を学ぶ。1997年16歳の時に彼の楽器がNestle Australia開催のネスカフェ・ビッグ・ブレークで1位を獲得し、これを機に本格的に製作の道を歩むことを決意、その後、Griffith大学にてプロダクトデザインを学びながら製作技術にもさらに磨きをかけてゆきます。
1999年のアメリカ旅行中に多くの名器にじかに触れる機会を得、特にヘルマン・ハウザーのギターに深い感銘を受けた彼は、セゴビアが使用したハウザーI世1937年製のレプリカモデル製作を開始します。そして2007年にはスペインでホセ・ロマニリョス主宰のマスタークラスにも参加し、スペインの伝統工法についての研鑚を積んでいます。
現在父親のキム、兄のデインとともにHancock Guitarsとして工房を構えています。工房でのそれぞれの嗜好を活かしたラインナップはアーチトップ、アコースティック、ウクレレなどにも及び、あくまでハンドメイドにこだわった高品質なブランドとしてオーストラリア国内にて高い人気を獲得しています。

[楽器情報]
ショーン・ハンコックの定番モデルで、オリジナルへの深い敬意と愛情、そしてあくなき真摯探求心によって製作された愛すべきハウザー1世モデルです。全体は極めて繊細なセラック塗装で美しく仕上げられており、やや硬めの適度な粘りをもった響きはハウザーモデルに相応しく実に心地よい響き。演奏性も日本人の感触にフィットしており、両手ともストレスなく弾けます。表板は左右対称7本の扇状力木を胴底で2本のハの字型の力木が受けるオーソドックスなハウザースタイル。レゾナンスはGに設定されています。又棹とヘッドの接合には、ハウザーやロマニリョスが用いた手間のかかるVジョイントを採用。同国のクラシックギター製作において主流となっているラティス構造のギターではなく、彼が規範としたのはトーレス、ハウザーなどの伝統的なスタイル。デザイン的にも虚飾を避け、本質に迫ろうとする意欲の見える作風です。海外製作家の上質な手工品としてはリーズナブルな価格も嬉しいところ。



〔商品情報〕
楽器名ショーン・ハンコック Sean Hancock
カテゴリ輸入クラシック 新作
品番/モデルハウザー I 世モデル 
弦 長650mm
オーストラリア Australia
製作年2019年
表 板松単板 Spruce
裏 板ローズウッド単板 Indian rosewood
程 度※10
定 価お問い合わせ下さい。
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します


ホセ・マリン・プラスエロ Jose Marin Plazuero
アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
ホセ・ビヒル Jose Vigil
ゲルハルト・オルディゲス Gerhard Oldiges
アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
パブロ・サンチェス・オテロ Pablo Sanchez Otero
ゲルハルト・オルディゲス Gerhard Oldiges
ショーン・ハンコック Sean Hancock
マヌエル・カセレス Manuel Caceres

※程度
10新作
9新品、デッドストック品
8新品同様の美品
7年代から見て状態が良い
6年代相応で標準的な状態
5年代から見て標準に近い状態
4状態は少し劣るが演奏性は良い
3状態は劣るが演奏上の問題は無い
2少し難があり簡単な修理、調整が必要
1修理が必要