ギターショップアウラ ギターカタログサイト

パブロ・サンチェス・オテロ Pablo Sanchez Otero



SOLD OUT
〔製作家情報〕
1986年 スペイン北西部のガリシア州の美しい港湾都市ア・コルーニャに生まれる。
もともとは建築を学んでいましたが、机上での製図に終始する作業に飽き足らず、木にじかに触れることから生まれる仕事への興味が次第に増してゆきます。加えて音楽とその構造に対する深い関心は抑えがたくなり、何年か家具製作とデザインを学んだあと、2009年にバルセロナでJean Pierre Sardin のサマーコースでギター製作を受講。これを機に楽器製作を生業とする事を決心します。
その後2009~2011年の2年間、美術工芸学校の古楽器製作のコースでヴァイオリンとルネサンスリュートの製作を学びます。そしてその間の2010~2012年の夏、シグエンサでの名工ホセ・ルイス・ロマニリョスの講習会に参加。そこでビウエラとスペイン伝統のギター製作法を、また楽器の修復技術についてのレクチャーを受講、彼にとって決定的な影響を受けることになりました。

その後居をスペインからイギリス、ノッティンガムシャーのニューアーク=オン=トレントに移し、同じイギリスのAdrian Lucas, James Lister らからもギターの製作を学び、2013年には居をベルギーのAmberesに移し、同地のLa Escuele Internacional de Luteria de Amberes(ILSA)にて楽器修復の学科を終了後、同校にて教鞭を執る傍ら製作にあたっています。

〔楽器情報〕
アントニオ・デ・トーレスの銘器SE114をベースに独自の意匠と音響的感覚を盛り込んだこのブランド定番モデルの、フレイムメイプルを使用したヴァージョンです。先達へのリスペクト溢れる古雅な雰囲気と現代的な洗練を併せ持った彼の個性はここでも発揮されています。メイプルならではの硬く、しかし真綿のような音の触感を十全に活かし、弾くだけで雅致に富んだ表情が生まれてくるのは、やはりスペインギター正統ゆえの魅力と言えるでしょう。各弦のバランス、発音のレスポンス、遠達性全てにおいても申し分ありません。レゾナンスはF#に設定されています。内部構造はもちろんオリジナルを踏襲し左右対称の7本の扇状力木配置。木の触感を感じさせる丁寧なセラック塗装は外観全体の気品と相まって美しく、細部の意匠のの精緻さも際立たせています。ネック角度と弦高は日本人にも非常に弾き易く設定されており、きわめて高い演奏性に繋がっています。表面板は良質なアルパイン・スプルース、横裏板には同様に良質なメイプルを使用。糸巻きはフステロ製のTorres Especial。
本作はロンドンで開催された本年度のRoyal Greenwich Guitar Festival出品され、非常な好評を博したモデルを特別に出荷して頂いたものです。






〔商品情報〕
楽器名パブロ・サンチェス・オテロ Pablo Sanchez Otero
カテゴリ輸入クラシック 新作
品番/モデルトーレスモデル ‘‘Beluga‘‘No.30
弦 長650mm
ベルギー Belgium
製作年2019年
表 板松単板 Spruce
裏 板楓単板 Maple
程 度※10
定 価1,760,000 円
販売価格(税込)1,672,000 円
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します


ホセ・マリン・プラスエロ Jose Marin Plazuero
アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
ホセ・ビヒル Jose Vigil
ゲルハルト・オルディゲス Gerhard Oldiges
アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
パブロ・サンチェス・オテロ Pablo Sanchez Otero
ゲルハルト・オルディゲス Gerhard Oldiges
ショーン・ハンコック Sean Hancock
マヌエル・カセレス Manuel Caceres

※程度
10新作
9新品、デッドストック品
8新品同様の美品
7年代から見て状態が良い
6年代相応で標準的な状態
5年代から見て標準に近い状態
4状態は少し劣るが演奏性は良い
3状態は劣るが演奏上の問題は無い
2少し難があり簡単な修理、調整が必要
1修理が必要