ギターショップアウラ ギターカタログサイト

パブロ・サンチェス・オテロ Pablo Sanchez Otero 



〔製作家情報〕
1986年 スペイン北西部のガリシア州の美しい港湾都市ア・コルーニャに生まれる。
もともとは建築を学んでいましたが、机上での製図に終始する作業に飽き足らず、木にじかに触れることから生まれる仕事への興味が次第に増してゆきます。加えて音楽とその構造に対する深い関心は抑えがたくなり、何年か家具製作とデザインを学んだあと、2009年にバルセロナでJean Pierre Sardin のサマーコースでギター製作を受講。これを機に楽器製作を生業とする事を決心します。
その後2009~2011年の2年間、美術工芸学校の古楽器製作のコースでヴァイオリンとルネサンスリュートの製作を学びます。そしてその間の2010~2012年の夏、シグエンサでの名工ホセ・ルイス・ロマニリョスの講習会に参加。そこでビウエラとスペイン伝統のギター製作法を、また楽器の修復技術についてのレクチャーを受講、彼にとって決定的な影響を受けることになりました。

その後居をスペインからイギリス、ノッティンガムシャーのニューアーク=オン=トレントに移し、同じイギリスのAdrian Lucas, James Lister らからもギターの製作を学び、2013年には居をベルギーのAmberesに移し、同地のLa Escuele Internacional de Luteria de Amberes(ILSA)にて楽器修復の学科を終了後、同校にて教鞭を執る傍ら製作にあたっています。

〔楽器情報〕アントニオ・デ・トーレスの銘器SE114をベースに独自の意匠と音響的感覚を盛り込んだこのブランドの定番モデルです。建築で学んだ構造とフォルムに対する深いセンス、古楽器への造詣、名工ロマニリョスとの出会いによるスペインの伝統への傾倒、そして新たな挑戦への意志、それらを見事に消化し昇華させた、スパニッシュギターの新たなスタンダードとさえいえるモデルです。音色は凛とした透徹さを感じさせながらもどこか古風な落ち着きがあり、各弦のバランス、発音のレスポンス、遠達性全てにおいても申し分ありません。モダンギター的な機能性とは大きく異なるものの、スペインの伝統を十全に消化し、そこにフレッシュな感覚を盛り込んだ彼のギターは、逆にスパニッシュギターならではの現代性を如実に感じさせるものとなっています。ネック角度と弦高は日本人にも非常に弾き易く設定されており、中庸の弦の張りと相まってきわめて高い演奏性に繋がっています。表面板は良質なアルパイン・スプルース、横裏板も同様に良質なインディアンローズッドを使用。糸巻きはフステロ製のTorres Especial。全体は美しいセラック塗装仕上げとなっています。



〔商品情報〕
楽器名パブロ・サンチェス・オテロ Pablo Sanchez Otero 
カテゴリ輸入クラシック 新作
品番/モデルトーレスモデル ’’La Belga” No.29
弦 長650mm
ベルギー Belgium
製作年2019年
表 板スプルース単板 Spruce
裏 板ローズウッド単板 Indian rosewood
程 度※10
定 価1,620,000 円
販売価格(税込)1,539,000 円
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します