ギターショップアウラ ギターカタログサイト

アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero



製作家情報〕
1933年スペイン、グラナダ生まれ。家具職人として出発し、のちに同地の製作家エドゥアルド・フェレールの工房に入り製作を学びます。同工房出身のマヌエル・ベジードとともに共同の工房を立ち上げ、まずはキャリアをスタートさせます。その後独立し製作家としての評価も高めてゆきますが、1970年代後半にある日本人発明家の紹介でブーシェとの知遇を得て、その作風を大きく変化させていきました。音響と造作の両方に於いて、その芸術的な高みに達したギターはグラナダを代表する名品として現在不動の評価を得るに至っています。また氏の人柄を慕って現在では世界中から若き才能がグラナダに集まるようになり、氏の名前を冠した国際製作コンクールが開催されるまでになりました。現在も甥のホセ・マリンらと現役で製作を続けています。スペインギター製作界最高のマエストロにして最長老の一人。

〔楽器情報〕
1977年にロベール・ブーシェとの邂逅のあと、自身のそれまでのモデルを発展進化させて完成したモデルで、いわゆるブーシェモデル(Modelo B)と呼ばれるもの。現在はこれがマリンの標準仕様モデルとなっています。同時入荷のアウラオリジナルモデルとはボディシェイプやヘッド形状、またラベルなど全体のデザインが異なるほか、使用材のグレードも製作家によりそれぞれに合わせたものが選定されています。左右対称5本の扇状力木とブリッジ真下に同方向に配置された1本の力木というブーシェ特有のパターンはこのモデルでも採用されており、レゾンナンス(ウルフトーン)はAの少ししたに設定されています。
音色は実にふくよかで明朗、やや乾いた響きで非常に豊かに鳴ります。スペインギターの中でも屈指と言える音量と反応そしてダイナミクスを備えており、ブーシェが不可避的に備えてしまっていたある種の暗さも、ここでは抜けるような青空へと変わっています。まさに円満なグラナダサウンドと言えるでしょう。弦の張りは中庸でネックの設定も弾き易くなっております。セラック塗装による美しい仕上がりと、精緻な造作による気品あふれる外観もまた魅力となっています。糸巻きはルブナー社製を使用。80代後半を迎えた巨匠の、実に若々しい新作です。






〔商品情報〕
楽器名アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
カテゴリ輸入クラシック 新作
品番/モデルブーシェモデルNo.1557
弦 長650mm
スペイン Spain 
製作年2020年
表 板松単板 Spruce
裏 板中南米ローズウッド South American Rosewood
程 度※10
定 価2,200,000 円
販売価格(税込)2,090,000 円
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します


ホセ・マリン・プラスエロ Jose Marin Plazuero
アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
ホセ・ビヒル Jose Vigil
ゲルハルト・オルディゲス Gerhard Oldiges
アントニオ・マリン・モンテロ Antonio Marin Montero
パブロ・サンチェス・オテロ Pablo Sanchez Otero
ゲルハルト・オルディゲス Gerhard Oldiges
ショーン・ハンコック Sean Hancock
マヌエル・カセレス Manuel Caceres

※程度
10新作
9新品、デッドストック品
8新品同様の美品
7年代から見て状態が良い
6年代相応で標準的な状態
5年代から見て標準に近い状態
4状態は少し劣るが演奏性は良い
3状態は劣るが演奏上の問題は無い
2少し難があり簡単な修理、調整が必要
1修理が必要