ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ミゲル・ロドリゲス Miguel Rodrigues



〔製作家情報〕
ミゲル・ロドリゲス一世はスペインのコルドバで1888年に生まれました。彼は当初ホセ・ラミレス工房のラファエル・カサーナの薫陶を受けましたが、独自の発想でその技術を発展させました。
また、双子の息子のミゲルとラファエルは彼らが12歳になった時から父の手伝いを始めましたが、ラファエルは惜しくも1965年に若くして亡くなりました。
そしてミゲル・ロドリゲス一世が1975年に亡くなった後はミゲル・ロドリゲス二世が彼の息子のホセ・ロドリゲスと共にその後を継いで、製作を続けましたが1998年に二世が無くなった後は工房を閉め、その歴史の幕を閉じることになりました。

ミゲル・ロドリゲスの楽器はロメロ一家が愛好する楽器として現在は高い評価を受けていることは、良く知られています。

〔楽器情報〕
このCentenarioモデルは反応の良い発音、他の楽器とのアンサンブルでも十分に引き立つ豊かな音量、両手の演奏性の高さ等はフラメンコとしての性能の高さを示しつつ、音色の表情の繊細や多彩さはまぎれもなくクラシカルなもの。それらが両面性を際立たせているのではなく、ギターとしての一つの表現の中に昇華しているところがこのモデルの特筆すべき点です。

オリジナル塗装の綺麗な状態です。横裏板柾目材で表面板も含め極上材が使われています。
ネック良好で弦高も弾き易く調整されています。音は名工と知られた一世と同様に奥行きのある味わい深い音質で、音量もあり切れ伸びとも申し分なく鳴っております。

糸巻:ロジャース
〔商品情報〕
楽器名ミゲル・ロドリゲス Miguel Rodrigues
カテゴリ輸入フラメンコ オールド
品番/モデルセンテナリオ CENTENARIO
弦 長650mm
スペイン Spain
製作年1991年
表 板スプルース単板 spruce
裏 板中南米ローズ単板 South American rosewood
程 度※7+
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します