ギターショップアウラ ギターカタログサイト

尾野 薫  Kaoru Ono  



〔製作家情報〕
中学生の頃からギターを弾き始め、大学の木材工芸科在学中その知識を活かして趣味でギター製作を開始、1980年頃よりアントニオ・マリンの弟子のアルベルト・ネジメに師事し、 スペインの伝統的な工法を学び、本格的に製作を始ました。
その後も伝統的な製作技法にこだわり、2001年にはスペインに渡り、ロマニリョスの製作講習会にも参加するほか、アルカンヘル・フェルナンデスにも製作上の貴重なアドヴァイスと激励を受け、現在もスペイン伝統工法を科学的に考察し理論的に解析研究し製作を続けています。

〔楽器情報〕
製作家が常に追求している音響の精確性、あるべき発音、ギターとしての表現力の高さ、そしてそれらを達成するための必然的な結果としての緻密で美しい造作。
氏の秀逸なライナップのなかでこれらを最も円満に体現するもとしてまずは筆頭に挙げられるハウザー1世モデル、独特の粘りを持った硬質な響き、透徹としてしかし繊細極まりない音色は今回の新作でも十全に聴くことができます。モダンギター的な音量の増幅よりも、音響の透徹を極めることにより最弱音でも非常な遠達性を備え、結果それが指先の微細なタッチの変化にも対応しうる自在な表現力をも達成しています。
ゆえに奏者にはしかるべき高度なタッチの精錬が要求されるギターですが、ハマった時の音楽的充実度はやはり他では得られないものでしょう。
今回の作品は横裏板が中南米ローズ材の為、特に低音重厚で引き締まった透明な高音、バランス良く和音の分離に良く遠達性に優れており、巨匠セゴビアが演奏したハウザーの響きを正に体現した楽器です。

セゴビアの1937年ハウザー1世のコピーモデル、弦長645mm

糸巻:スローン(アメリカ製)
〔商品情報〕
楽器名尾野 薫  Kaoru Ono  
カテゴリ国産クラシック 新作
品番/モデル100号 ハウザー1世モデル No.287
弦 長645mm
日本 Japan
製作年2018年
表 板スプルース単板 spruce
裏 板中南米ローズ単板 South American rosewood
程 度※10
定 価1,080,000 円
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品


下の写真をクリックすると拡大して表示します