ギターショップアウラ ギターカタログサイト

ホセ・ラミレスIII世  Jose Ramirez Ⅲ



〔製作家情報〕
1933年、アルゼンチンのブエノスアイレス生まれ。3歳の時に父のII世と共にマドリッドに戻り、18歳より工房に入り父の仕事を手伝う様になりました。その後1957年よりその工房を引き継ぎ、1960年代に入ってから表面板に米杉を初めて使用。ボディを大型にし弦長を664mmと長くし、横板の内側にシープレス材を張り音量の増大と暖かく艶やのある伸びやかな音色を実現させる事に成功、セゴビアの使用する楽器として大変有名になった事は良く知られています。

〔楽器情報〕
表面板は塗り重ね、横裏板は塗り替えていますが、割れなく傷少なく、製作年の割にはかなり良好で悪くない状態です。
ネックは反りなく弦高は弾き易く調整されています。
糸巻はオリジナルと思われるフステーロラミレス型の糸巻が装着されています。
高い評価を受ける1960年代のラミレスらしく音量も充分、低音は深く高音は引き締まりながら、ラミレス特有の色合いに太さと透明感があり、バランス、伸びよく大変良い響きのラミレスです。

〔商品情報〕
楽器名ホセ・ラミレスIII世  Jose Ramirez Ⅲ
カテゴリ輸入クラシック オールド
品番/モデル1a C664R IMマーク
弦 長664mm
スペイン Spain
製作年1964年
表 板スプルース単板 spruce
裏 板中南米ローズ South American rosewood
程 度※7
定 価時価
販売価格(税込)お問い合わせ下さい。
付属品ハードケース付属


下の写真をクリックすると拡大して表示します